文藝春秋digital

20
記事

耐え難い格差を生み出す、韓国「無限競争社会」の苦しみとは?

激しい教育熱、苛烈な就職活動、勝者と敗者の埋められない格差……韓国社会で起こっていることは、日本にとっても「対岸の火事」ではない。/文・金敬哲...

日本語版は40万部 『反日種族主義』はなぜベストセラーになったか

「反日種族主義」は、未来志向の歴史観が韓国から出てきたことに大きな意味がある。この現象は、韓国における「反日」の、「終わりの始まり」かもしれな...

許永中の告白「イトマン事件の真実」〈過去の悪行から新ビジネスまで10時間語り尽くした...

今年夏、戦後最大の経済事件と呼ばれる「イトマン事件」で知られる許永中氏(72)が、自伝『海峡に立つ 泥と血の我が半生』を上梓した。許永中氏は現在...

米国「在韓米軍撤退」で韓国は切り捨てられる

ついにアメリカの虎の尾を踏んだ文在寅政権。米韓関係はこのまま「破滅」へ向かうのか──その内実をレポートする。/文・麻生 幾(作家) もはや“亀...

ついに韓国の歴史家が決起した! 日韓断絶の元凶「反日種族主義」を追放せよ

対日歴史歪曲の構造的問題を指摘し、韓国でベストセラーとなった『反日種族主義』。11月14日、同書の邦訳版が発売される。歴史の歪曲とプロパガンダはな...

深層レポート 安倍晋三VS.文在寅「激突900日」

約4年前、日韓両国は歴史的な「慰安婦合意」に漕ぎ着けたはずだった。その後、韓国では保守の朴槿恵政権が倒れ、進歩(革新)の文在寅政権が誕生。革命...

ソウル大学元教授が決死の告白!「慰安婦問題で韓国は崩壊する。『反日種族主義』と私は...

ソウル大学元教授の李栄薫(イヨンフン)氏(68)は、韓国を代表する経済史学者だ。専門領域は李氏朝鮮時代から現代までの経済史で、とりわけ日本統治(...

文在寅大統領“特別補佐官”が大反論「安倍首相よ、なぜ韓国が敵対国なのか」

文正仁(ムンジョンイン)統一外交安保特別補佐官(68)は、文在寅大統領の外交・安全保障面における最大のブレーンである。文氏は1994年から2016年まで...

船橋洋一の新世界地政学 日韓「歴史」と「経済」の武器化が絡まった

今、世界では何が起きているのか? ジャーナリストの船橋洋一さんが最新の国際情勢を読み解きます。  日本政府は、7月から韓国向けの半導体素材の輸...

前釜山総領事の独占手記「韓国を覆う危険な『楽観論』の正体」

総領事館前の慰安婦像・徴用工像設置をめぐる攻防、総領事館内での学生たちの“反日示威行為”…日韓友好の象徴だった釜山はここ数年で変わってしまった...