文藝春秋digital

杉田副長官の“穴”をどうするか?《官邸人事の迷走》|森功

杉田副長官の“穴”をどうするか?《官邸人事の迷走》|森功

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

スキ
3
「ワクチン一本足打法」で五輪開催へ……菅政権の希望的観測|森功

「ワクチン一本足打法」で五輪開催へ……菅政権の希望的観測|森功

安倍政権で進められた「官邸主導」の実態は、官邸の威光を背に霞が関を牛耳る「官邸官僚主導」だった。その体制は菅政権にも引き継がれた——。ノンフィクション作家の森功氏が、政治を牛耳る官邸官僚を徹底ウォッチ。 ★前回はこちら。 ★最初から読む。  ■森功(もり・いさお)   1961年福岡県生まれ。岡山大学文学部卒。出版社勤務を経て、2003年フリーランスのノンフィクション作家に転身。08年に「ヤメ検――司法に巣喰う生態系の研究」で、09年に「同和と銀行――三菱東京UFJの闇」

スキ
8
「東京オリパラ開催」「コロナ対策」で和泉洋人補佐官頼みの菅首相|森功

「東京オリパラ開催」「コロナ対策」で和泉洋人補佐官頼みの菅首相|森功

安倍政権で進められた「官邸主導」の実態は、官邸の威光を背に霞が関を牛耳る「官邸官僚主導」だった。その体制は菅政権にも引き継がれた——。ノンフィクション作家の森功氏が、政治を牛耳る官邸官僚を徹底ウォッチ。 ★前回はこちら。 ★最初から読む。 ■森功(もり・いさお)   1961年福岡県生まれ。岡山大学文学部卒。出版社勤務を経て、2003年フリーランスのノンフィクション作家に転身。08年に「ヤメ検――司法に巣喰う生態系の研究」で、09年に「同和と銀行――三菱東京UFJの闇」で

スキ
7
菅首相が山田前広報官をすぐに処分しなかった理由|森功

菅首相が山田前広報官をすぐに処分しなかった理由|森功

安倍政権で進められた「官邸主導」の実態は、官邸の威光を背に霞が関を牛耳る「官邸官僚主導」だった。その体制は菅政権にも引き継がれた——。ノンフィクション作家の森功氏が、政治を牛耳る官邸官僚を徹底ウォッチ。 ★前回はこちら。 ★最初から読む。 ■森功(もり・いさお)   1961年福岡県生まれ。岡山大学文学部卒。出版社勤務を経て、2003年フリーランスのノンフィクション作家に転身。08年に「ヤメ検――司法に巣喰う生態系の研究」で、09年に「同和と銀行――三菱東京UFJの闇」で

スキ
6
総務省接待問題のカギを握る山田真貴子・前内閣広報官|森功

総務省接待問題のカギを握る山田真貴子・前内閣広報官|森功

安倍政権で進められた「官邸主導」の実態は、官邸の威光を背に霞が関を牛耳る「官邸官僚主導」だった。その体制は菅政権にも引き継がれた——。ノンフィクション作家の森功氏が、政治を牛耳る官邸官僚を徹底ウォッチ。 ★前回はこちら。 ★最初から読む。 ■森功(もり・いさお)   1961年福岡県生まれ。岡山大学文学部卒。出版社勤務を経て、2003年フリーランスのノンフィクション作家に転身。08年に「ヤメ検――司法に巣喰う生態系の研究」で、09年に「同和と銀行――三菱東京UFJの闇」で

スキ
7
菅官邸の中枢に陣取る財務官僚たち|森功

菅官邸の中枢に陣取る財務官僚たち|森功

安倍政権で進められた「官邸主導」の実態は、官邸の威光を背に霞が関を牛耳る「官邸官僚主導」だった。その体制は菅政権にも引き継がれた——。ノンフィクション作家の森功氏が、政治を牛耳る官邸官僚を徹底ウォッチ。 ★前回はこちら。 ★最初から読む。 ■森功(もり・いさお)   1961年福岡県生まれ。岡山大学文学部卒。出版社勤務を経て、2003年フリーランスのノンフィクション作家に転身。08年に「ヤメ検――司法に巣喰う生態系の研究」で、09年に「同和と銀行――三菱東京UFJの闇」で

スキ
5
セクハラ疑惑の新政務秘書官は菅首相の“今井2世”?|森功

セクハラ疑惑の新政務秘書官は菅首相の“今井2世”?|森功

安倍政権で進められた「官邸主導」の実態は、官邸の威光を背に霞が関を牛耳る「官邸官僚主導」だった。その体制は菅政権にも引き継がれた——。ノンフィクション作家の森功氏が、政治を牛耳る官邸官僚を徹底ウォッチ。 ★前回はこちら。 ★最初から読む。  新年早々、驚きの人事があった。1月1日付で発令された首相の政務秘書官人事がそれだ。年を越えてなお感染者が爆発的に増え続けるコロナ禍にあって、菅義偉が自らの政務秘書官に財務省出身の寺岡光博(54)を充てた。菅事務所から出向していた前任の

スキ
5
森功さんの無料連載が始まりました!

森功さんの無料連載が始まりました!

 本日、文藝春秋digitalオリジナル無料連載で、骨太なコラムが始まりました。  筆者は、ノンフィクション作家の森功さん。連載タイトルは「新・現代官僚論」です。  森功さんは、「週刊新潮」編集部などを経て、2003年からフリーランスのノンフィクション作家として活動されています。 『許永中 日本の闇を背負い続けた男』(2008)、『同和と銀行 三菱東京UFJ銀行“汚れ役”の黒い回顧録』(2009)、『腐った翼 JAL消滅への60年』(2010)、『泥のカネ 裏金王・水谷

スキ
6