マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#矢部太郎

『文藝春秋digital』2022年6月ラインナップ

■会員限定イベント●6月8日(水) ・新庄剛志「薬物使用」の過去 抜き打ち検査で「陽性」も、詳細は伏せられ、その年に引退―― 鷲田康(ジャーナリスト)+本誌取材班 ●6月10日(金) ・プーチンが最も殺したい男の告白 M・ホドルコフスキー(オリガルヒ・石油会社「ユコス」元代表)「ウクライナ侵攻は彼の個人的な動機から始まった」 ・「性暴力」私は負けなかった 卜田素代香(仮名)「暴行後『証拠が残るからシャワーを』と男が強いてきました」 ・新連載 外事警察秘録②「日本赤軍との闘い

スキ
4

クイズ私は誰でしょう

【ヒント】 初の漫画がシリーズ累計120万部突破となったお笑い芸人は?  父は絵本や紙芝居の作家だった。父が家にいて母が外で働くという当時としては珍しい家庭に育つ。 「小さい頃はお父さんと一緒に家族新聞を書いたりしていました。家族の10大ニュースとか、お姉ちゃんが猫を拾った話とか。文章もイラストも描き、親戚に郵送したりして」  高校時代の同級生・入江慎也氏に誘われてお笑いの道へ。独特の芸風で人気を博す一方、気象予報士の資格を取得したり、舞台役者を経験したり多方面で活

スキ
6

父の絵日記|矢部太郎

文・矢部太郎(タレント) 「めちゃくちゃの大冒険」。それが僕が6歳の時に生まれてはじめて作った紙芝居のタイトルです。絵も文章も僕が考えました。「めちゃくちゃ」の後に「の」を繋げる。日本語の使い方としても、めちゃくちゃですね。6歳の自由を感じます。 僕の父は絵本・紙芝居作家で、いつも自宅で作業していました。そんな父に教えてもらいながら見よう見まねで描いた記憶があります。作者の表記も、 さく・え やべたろう きょうりょく・やべみつのりとなっています。 舞台は動物保育園、

スキ
8