文藝春秋digital

坂東玉三郎「司馬遼太郎さんが教えてくれたこと」

坂東玉三郎「司馬遼太郎さんが教えてくれたこと」

歌舞伎俳優の坂東玉三郎さんは、「コロナ禍の中で、心配だったのは、体を使う機会が減ることでした」と語る。15年前からDVDを持っていた司馬遼太郎さんの『街道をゆく』(NHK)DVD全19巻を一気見し、自国を愛すること、についてのメッセージを受け取ったという。/文・真山仁(作家) 真山氏 移動の自由を奪われると…… 「コロナ禍の中で、心配だったのは、体を使う機会が減ることでした」 歌舞伎俳優として玉三郎は、肉体のケアに、細心の注意を払う。公演の前後に体のコンディションを整え

スキ
29