文藝春秋digital

俳句 / 抜井諒一【全文公開】

光の起伏 轍(わだち)伸ぶ通行止の雪の先 闇きしみつつ結氷の進む湖 いちめんの光の起伏結氷湖 自分より重さうな橇(そり)曳いてゆく 一晩で穴釣の穴みな消えし 青空へ氷柱消え入るほど細る 寒林の裏に風音ありにけり 【編集部よりお知らせ】 文藝春秋は、皆さんの投稿を募集しています。「#…