マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#シャーリーズ・セロン

スターは楽し「シャーリーズ・セロン」――芝山幹郎

喧嘩なら無敵の美女 シャーリーズ・セロン  あれは眼をみはるような景観だった。  空間も凄いが、肉体も凄い。どちらも張り合って譲らず、むしろ互いに支え合って画面にポエジーをみなぎらせる。耳に馴染まぬ言い方かもしれないが、この映画のポエジーは、漂ったり浮かんだりするのではなく、一気にみなぎるのだ。 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015)は、そんな映画だった。舞台は、核戦争で1度は滅びた近未来の地球。主人公マックス(トム・ハーディ)は、荒野の砦を支配する独裁者

スキ
6