文藝春秋digital

生身の人間が作る映画だから……|湯櫻

文・湯櫻(通訳・映画制作者) 私は中国上海で生まれ、4歳で日本にやって来た。両親が共働きだったせいか、子供の頃から映画ばかりを見ていた。大学生になると、タダで映画が見られるという不純な動機から、映画祭の通訳スタッフになった。そこで多くの映画制作者に出会い、「映画は生身の人間によっ…