文藝春秋digital

短歌|谷川由里子

短歌|谷川由里子

おもう壺遠くから笑ってくれる 近づいて笑ったあとの顔をしている N響の指揮者のゆびが個性的でみとれていたらきみのおもう壺 立体でまっすぐ立っていてほしいナイトキャップの頭でっかち あたたかい雨の降る日にみまもった鼻呼吸にも慣れないレディ 艶やかな珈琲がするするとねじれながらなにか思い出しそう 雨の日のつぎの大きな工事現場に堂々とした水たまり 駒沢オリンピック公園 自転車の波をよくみて合間に歩む

10