マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#乃木希典

皇室の危機を考える「天皇を鍛えた男たち」 米田雄介

川村純義、乃木希典、小泉信三……個性豊かな教育者がいた。/文・米田雄介(元宮内庁書陵部編修課長) 即位する前にいかなる教育を受けるべきか秋篠宮家のご長男・悠仁さまが、昨年9月で15歳になりました。今年の高校進学を前に、学習院へ行かれるのか、あるいは筑波大学附属高校など別の高校へ進まれるのかが、世間の関心を集めています。 しかし、悠仁さまへの教育において、本来なら最も大事な視点が他にあるのではないかと感じます。 それは「帝王教育」です。 帝王教育とは、いずれ天皇になるた

スキ
14

司馬遼太郎『坂の上の雲』の組織論 “老舗企業vsベンチャー企業”で読む日露戦争

司馬遼太郎の名作を読み解く短期集中連載の第2回。/片山杜秀(慶應義塾大学教授)×佐藤優(作家・元外務省主任分析官) <summary> ▶︎司馬遼太郎は、日露戦争を“国民の戦争”として描くのと同時に、それを迂回路として「先の戦争」を描いたとも言える ▶︎司馬遼太郎は、一貫して現場主義。現場で働いている人を徹底的に描いている ▶︎『坂の上の雲』が多くの企業人に読まれた理由は、日本海海戦が“チームワークの勝利”として描かれているから ★前回を読む。 片山氏(左)と佐藤氏(右

スキ
10