マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#mRNA

『文藝春秋digital』2022年6月ラインナップ

■会員限定イベント●6月8日(水) ・新庄剛志「薬物使用」の過去 抜き打ち検査で「陽性」も、詳細は伏せられ、その年に引退―― 鷲田康(ジャーナリスト)+本誌取材班 ●6月10日(金) ・プーチンが最も殺したい男の告白 M・ホドルコフスキー(オリガルヒ・石油会社「ユコス」元代表)「ウクライナ侵攻は彼の個人的な動機から始まった」 ・「性暴力」私は負けなかった 卜田素代香(仮名)「暴行後『証拠が残るからシャワーを』と男が強いてきました」 ・新連載 外事警察秘録②「日本赤軍との闘い

スキ
8

勇み足とスタンドプレーで「ワクチン大混乱」 河野太郎は何をしている

大臣の「勇み足」とスタンドプレーで、現場には困惑が広がる。/文・辰濃哲郎(ノンフィクション作家) <summary> ▶省庁の縦割りの調整役を担うべく登場した河野太郎行政改革相だが、彼の言動が劇薬となって軋轢が生じ、想定外の事態を招くこともしばしば ▶河野氏の言動からは、ワクチンのことはすべて自分が決めるという気負いが先行し、驕りさえ垣間見える ▶混乱を避けるために「1施設1種のワクチン」の原則を厚労省が掲げていたはずなのだが、河野大臣はお構いなしだ 「会場を選べばワクチ

スキ
10

世界経済の革命児 カリコー・カタリン(バイオンテック上級副社長)|大西康之

ジャーナリストの大西康之さんが、世界で活躍する“破格の経営者たち”を描く人物評伝シリーズ。今月紹介するのは、カリコー・カタリン(Karikó Katalin、バイオンテック上級副社長)です。 カリコーカタリン 写真はWikipediaから 新型コロナ・ワクチンの開発手法を生み出したハンガリー移民 コンピューターの父、フォン・ノイマン、世界的投資家のジョージ・ソロス、インテル創業者のアンディ・グローブ。数々の天才を生むハンガリーは「異星人の国」と言われる。コロナ禍に苦しむ人

スキ
13