マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#追悼

『文藝春秋digital』2022年6月ラインナップ

■会員限定イベント●6月8日(水) ・新庄剛志「薬物使用」の過去 抜き打ち検査で「陽性」も、詳細は伏せられ、その年に引退―― 鷲田康(ジャーナリスト)+本誌取材班 ●6月10日(金) ・プーチンが最も殺したい男の告白 M・ホドルコフスキー(オリガルヒ・石油会社「ユコス」元代表)「ウクライナ侵攻は彼の個人的な動機から始まった」 ・「性暴力」私は負けなかった 卜田素代香(仮名)「暴行後『証拠が残るからシャワーを』と男が強いてきました」 ・新連載 外事警察秘録②「日本赤軍との闘い

スキ
4

【蓋棺録】田沼武能、出井伸之、松井守男、熊﨑勝彦、石井隆

偉大な業績を残し、世を去った5名の人生を振り返る追悼コラム。 ★田沼武能 写真家の田沼武能は、百数十カ国をめぐり、子供たちを通して世界を見つめた。 1960年代半ば、タイム・ライフ社のカメラマンとしてパリを訪れたとき、ブローニュの森で夢中になって遊ぶ子供たちに魅かれる。その瞬間から、子供の写真が一生のテーマとなった。「子供たちは社会の鏡なんです」。 29(昭和4)年、東京の浅草に生まれる。実家は写真館。子供のころは仏師になりたかったが、父に反対された。そこで建築学科に

スキ
2

ハワード・ストリンガー(ソニー元CEO)「心優しい出井さん」

文・ハワード・ストリンガー(ソニー元CEO) “病気が完全に回復して元気になれば、イギリスに飛んで、あなたに直接会いに行きます。本当に久しぶりなので、積もる話がたくさんあります!” ついこの4月にもこんな連絡をくれていたのに、あの懐かしい出井伸之さんがまさか亡くなるなんて……。 ちょっとした手術をするとは聞いていたから、病気であることは知っていました。5月の80歳の誕生パーティに大切なゲストの1人として招待したいと連絡を取り合っていたところだったのです。 1月に電話で

スキ
5

【蓋棺録】早乙女勝元、イビツァ・オシム、山本圭、中山俊宏、佐々木史朗

偉大な業績を残し、世を去った5名の人生を振り返る追悼コラム。 ★早乙女勝元作家の早乙女勝元は、12歳のとき東京大空襲を体験し、その惨状の記録と後世に伝える活動に尽力した。 「勝元、起きろ!」という父の声で跳ね起きたのが、1945(昭和20)年3月10日零時過ぎだった。家族と共に外に出たときには、すでに周囲は米軍の空爆により燃え上がり、大きな地鳴りのような音が続いている。勝元の家族も劫火から逃げ惑うだけで、早朝には橋上や建物内には焼死体が重なり、川には隙間なく死体が浮いてい

スキ
4

【蓋棺録】佐藤忠男、藤子不二雄Ⓐ、宮崎学、見田宗介、M・オルブライト

偉大な業績を残し、世を去った5名の人生を振り返る追悼コラム。 ★佐藤忠男 映画評論家の佐藤忠男(本名・飯利忠男)は、庶民の実感に根差した映画批評を論理的に書き続けた。 23歳のとき日本映画論である「任侠について」を『思想の科学』に投稿する。同誌の中心人物・鶴見俊輔は、原稿を採用しただけでなく、仲間に「分析的な文章を書く人です」と紹介してくれた。そのときの嬉しさを佐藤は後々まで忘れなかった。 1930(昭和5)年、新潟県の入船町に生まれる。9人きょうだいの末っ子。父は漁

スキ
4

【蓋棺録】西村京太郎、宝田明、北村春江、原田泰治、稲畑汀子〈他界した偉大な人々〉

偉大な業績を残し、世を去った5名の人生を振り返る追悼コラム。 ★西村京太郎 作家の西村京太郎(本名・矢島喜八郎)は、トラベルミステリーの第一人者としてファンを唸らせ続けた。 1978(昭和53)年、『寝台特急(ブルートレイン)殺人事件』がベストセラーになり人気作家に躍り出る。時刻表にはない停車駅や水死体の偽装法など、次々と繰り出されるトリックで読者を驚かした。「この本で初めて重版がかかりました」。 30年、東京の荏原町(現・品川区)に生まれる。父は菓子職人。旧制都立電

スキ
3

【蓋棺録】恩地日出夫、西郷輝彦、渡邉允、内山斉、モニカ・ヴィッティ〈他界した偉大な人々〉

偉大な業績を残し、世を去った5名の人生を振り返る追悼コラム。 ★恩地日出夫 映画監督の恩地日出夫は、社会派と言われ青春映画の巨匠とも称されたが、一貫して人間の生と死を追求した。 大きな転機が1966(昭和41)年公開の内藤洋子主演『あこがれ』だった。木下惠介が以前書いた台本を山田太一が書き直し、恩地は初めて商業的に成功する。「この作品は、『社会が悪い』の責任回避傾向から僕を解放することになりました」。 33年、東京の世田谷に生まれる。父親は米系貿易会社のサラリーマン。中

スキ
2

追悼 立花隆の書棚展 薈田純一

文・薈田純一(写真家) 本がぎっしり並ぶ書棚を1枚の写真として撮るのではなく、棚を1つずつ撮ってそれを組み上げる。すると棚に収まる本の背表紙がすべて読み取れる写真となる。 著述家の書棚を撮影テーマの1つにしている私が、立花さんの書棚を撮る機会にめぐまれたのは2010年の秋。ただし所有する「すべての書棚を撮る」という条件つきであった。こうして立花さんの仕事場兼書庫の、地上4階、地下2階、屋上に建屋が増築された本の砦、通称「ネコビル」に通うこととなった。 立花さんは夜に執筆

スキ
4

「あの日」の西村賢太さん 阿部公彦(東京大学教授)

文・阿部公彦(東京大学教授) その日、イベントが終わると、私たちは本郷3丁目交番の裏手にある、機山館という小さなホテルに向かった。主役の西村賢太さんを囲み、一席設けるのである。関係者だけの小さな会だった。 準備も含めると、西村さんとはかなりの時間一緒にいたのに、あらためて面と向かうと、久しぶりに再会した知人のような照れ臭さがあった。そんな気分をことさらかき立てたのが、西村さんが最初に発した――それ自体としては全くどうということのない――一言だった。 「先生はそれで、ご家

スキ
14

【石原慎太郎追悼】亀井静香「三途の川で待ってろよ」

「政治家じゃなくて文人だ」。兄弟分からの弔辞。/文・亀井静香(元衆議院議員) 亀井氏 ディーゼル排ガス規制、羽田空港…石原が死んで、もう何日になるのかな。いまも思い出すたびに、ため息が出るよ。さびしいなあ。 彼は宇宙からやってきた「異星人」のような男だった。歴史をさかのぼってみても、石原のような業績を残した人物は他に思い当たらない。 彼は小説家や文化人という枠には収まらない。日本の文化を代表していた男だよ。俺からすれば「文人」という表現がふさわしいな。文明を見とおす鋭

スキ
13

【石原慎太郎追悼】父は最期まで「我」を貫いた 四男・石原延啓

看取った四男が明かす、父・慎太郎が遺した言葉/文・石原延啓(画家) 石原氏 生と死を書いてきた「最後まで足掻いて、オレは思いっきり女々しく死んでいくんだ」 昨年12月半ば頃、病床の父はいつもより強い調子で言いました。 その日、親友の高橋宏さん(日本郵船元副社長、2021年6月逝去)の思い出話をしていたときのことです。高橋さんは幕末の剣豪で禅に通じた山岡鉄舟が大好きでした。そこで私は、こういう人もいるんだねえ、と山岡の最期について父に話を振ってみました。 胃がんを患っ

スキ
26

【蓋棺録】海部俊樹、水島新司、外岡秀俊、小嶺忠敏、シドニー・ポワティエ〈他界した偉大な人々〉

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

吉本由美 淀川美代子さんのこと

文・吉本由美(エッセイスト) 「オリーブ」「アンアン」「ギンザ」「クウネル」の編集長として長きにわたり若い女性に夢を与え牽引してきた伝説的編集者・淀川美代子さんがみんなの前から旅立って2カ月近く経つ。死後ひと月は公にしないという本人の遺志のもとその訃報は友人知人職場の人たちの誰にも閉じられていた。 私に連絡が入ったのもひと月後だ。初めはひと月も後に水くさいと思ったが、いや、それが美代子さんだと頷けた。表立つのが苦手なのだ。騒がれるのが嫌いなのだ。だから葬儀もお別れ会も“な

スキ
9

【蓋棺録】ワダエミ、新井満、古谷三敏、上村雅之、全斗煥〈他界した偉大な人々〉

偉大な業績を残し、世を去った5名の人生を振り返る追悼コラム。 ★ワダエミ 衣裳デザイナーのワダエミ(本名・和田恵美子)は、鋭い色彩感覚を駆使し、世界の映画に華やぎを与えた。 1981(昭和56)年、黒澤明監督が『リア王』を元に映画を撮ると聞いたとき、「すぐに台本を手に入れ、室町時代の能衣裳を基本とする案を考えました」。そこで黒澤と直接交渉して採用を勝ち取る。この作品『乱』が公開されると、ワダの衣裳は高い評価を得て、86年、日本女性として初めてアカデミー賞衣裳デザイン賞を

スキ
4