文藝春秋digital

菅総理はGoToキャンペーンの「縦割り」を打破すべき|橋下徹

菅総理はGoToキャンペーンの「縦割り」を打破すべき|橋下徹

古い既得権益層には退場していただこう。今、日本に必要なのは「新陳代謝」だ——そう語る橋下氏の改革プランとは?/文・橋下徹(元大阪府知事・弁護士) <この記事のポイント> ●菅政権が安倍政権から引き継いだ重要な仕事がアベノミクスの完成。「縦割りの打破」はその最後のピース ●GoToキャンペーンは縦割り行政の弊害がもろに出ている。まずはこの各省庁の垣根を取っ払うべき ●菅政権に危うさがあるとすれば、前政権の「負の遺産」を完全に断ち切れていないこと 橋下氏 「個人による政治

スキ
15