マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#赤石晋一郎

『文藝春秋digital』2022年6月ラインナップ

■会員限定イベント●6月8日(水) ・新庄剛志「薬物使用」の過去 抜き打ち検査で「陽性」も、詳細は伏せられ、その年に引退―― 鷲田康(ジャーナリスト)+本誌取材班 ●6月10日(金) ・プーチンが最も殺したい男の告白 M・ホドルコフスキー(オリガルヒ・石油会社「ユコス」元代表)「ウクライナ侵攻は彼の個人的な動機から始まった」 ・「性暴力」私は負けなかった 卜田素代香(仮名)「暴行後『証拠が残るからシャワーを』と男が強いてきました」 ・新連載 外事警察秘録②「日本赤軍との闘い

スキ
8

自民京都府連がまた「選挙買収」 赤石晋一郎(ジャーナリスト)+本誌取材班

今度の参院選でも50万円をバラ撒いていた。/文・赤石晋一郎(ジャーナリスト)+本誌取材班 「選挙買収」が今回の参院選でも 5月14日、京都市下京区にある「アランヴェールホテル京都」の一角。そこに構えられた自民党の選対事務所には、今夏の参議院選挙に向けた会合のため、党員たちが続々と集まっていた。 「なあ、この前の2月、また府連からカネが振り込まれとったな」 「そうなんか。通達も何にもなかったみたいやけど」 「〇〇先生が府連に問い合わせたんや。そしたら『参院選のお金です』

スキ
4

【フル動画】西岡研介×赤石晋一郎「〈選挙買収、暴力団、メディアの闇……〉京都はこんなにヤバかった!」

◆スクープ記者が語り尽くす「京都の闇」 文藝春秋digitalは、7月12日(火)19時〜、ノンフィクションライターの西岡研介氏と、ジャーナリストの赤石晋一郎氏によるオンライン対談イベント「〈選挙買収、暴力団、メディアの闇……〉京都はこんなにヤバかった!」を開催しました。 《対談動画は本ページ下部にあります》 歴史ある神社仏閣や祇園の花街など、優雅で落ち着いた雰囲気の古都・京都。しかし、そのイメージとは裏腹に、京都では怪しい人物や事件、政治・芸能のスキャンダルが数多く取り

スキ
6

自民党「爆弾男」を告発する 赤石晋一郎+本誌取材班

元自民党職員・議員が明かす。1億円超「選挙買収」の実態。/文・赤石晋一郎(ジャーナリスト)+本誌取材班 集票マシンとしての地方議員時は衆院選を間近にひかえた2014年11月末のことだ。京都市中京区にある自民党京都府支部連合会(以下、京都府連)4階にある会議室には、選対会議に招集された50人ほどの府議、市議が落ち着かない様子で待機していた。 名前を呼ばれると、彼らは1人ずつ3階の役員室に消えていく。 「〇〇先生からだ」 ソファにどっかり座った府連幹部はそう念押しすると、

スキ
51

“小川彩佳アナの夫”は規制打破に燃える医療界の風雲児だった!

時代を切り拓く“異能”の人びとの物語「令和の開拓者たち」。今回登場するのは、 メドレー代表取締役医師・豊田剛一郎氏です。/文・赤石晋一郎(ジャーナリスト)

スキ
22