文藝春秋digital

コロナ下で読んだ「わたしのベスト3」 民主主義を考え直す力作|出口治明

1.岡本隆司他「シリーズ 中国の歴史」 中国は理解の難しい国である。しかし、わが国は輸出も輸入も中国が第1位であって、中国を抜きにして豊かな生活がおくれないこともまた自明である。好き嫌いは別にして、等身大の中国を理解し、上手に付き合う術を身につけなければならない。人を理解するには先…

【イベント中止のお知らせ】【返金申込受付中】【1月16日(土)19:00】出口治明オンライ…

1月16日(土曜日)19時より予定されていました、文藝春秋digitalウェビナー「出口治明オンライン特別授業 歴史を活かす力 “使えない知識”にしないために」は、登壇者・出口治明さんが体調不良のため、急遽、中止とさせていただくことになりました。 ウェビナーを楽しみにしていただいておりました…

「教育格差」を証明したエビデンス主義の体現者・松岡亮二という男|出口治明

立命館アジア太平洋大学(APU)学長の出口治明さんがその活躍を期待するのが、昨年7月、『教育格差』を著した松岡亮二氏(早稲田大学准教授)。市民権を得たものの誤解や思い込みの多い「教育格差」について、松岡氏は膨大なデータと向き合い、その実態を明らかにした。 日本の教育でエビデンスは軽視…

出口治明さんの「今月の必読書」…『教養としての「中国史」の読み方』

気鋭の学者による「君子の交わり」に向けた道標 現在、アメリカと中国の対立が激しさを増している。日本の立場はまことに辛いものがある。アメリカの機嫌を損ねない範囲で中国と仲良くしなければ、日本の繁栄は覚束ないからだ。加えて、中国は理解がなかなかに難しい隣国ときているから、尚更である。…

つきあい残業、上司との赤提灯、麻雀…リモートワークが「オッサン文化」を破壊する!

テレワークで問われるのは、上司のマネジメント能力だ。コロナ禍で「テレワーク」に踏み切れない人は、自分の無能さを白状しているようなものである。/文・出口治明(立命館アジア太平洋大学学長) 出口氏 オンライン講義の手応え 今回の新型コロナの流行は、社会に不可逆的な変化をもたらし、中長…

【全文公開】橋をかける 出口治明さんの「わたしのベスト3」

立命館アジア太平洋大学学長の出口治明さんが、令和に読み継ぎたい名著3冊を紹介します。  古典を入れると3冊には絞り切れないので、平成時代に出版された本の中から選んでみた。最初は、『クアトロ・ラガッツィ』。わが国が初めてグローバリゼーションの荒波に対峙した時代、広い未知の世界に船出し…

出口治明さんの無料連載が始まりました!

 ご愛読の皆さま、こんにちは。  本日2019年11月7日、月刊『文藝春秋』初のデジタル定期購読サービス「文藝春秋digital<シェアしたくなる教養メディア>」が始まりました!  月額900円で『文藝春秋』に掲載されているコンテンツが読めることに加えて、このサイトの大きな目玉は、“文藝春秋の顔…

出口治明さんの「今月の必読書」…『世界の神話』(沖田瑞穂)