マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#入山章栄

『文藝春秋digital』2022年6月ラインナップ

■会員限定イベント●6月8日(水) ・新庄剛志「薬物使用」の過去 抜き打ち検査で「陽性」も、詳細は伏せられ、その年に引退―― 鷲田康(ジャーナリスト)+本誌取材班 ●6月10日(金) ・プーチンが最も殺したい男の告白 M・ホドルコフスキー(オリガルヒ・石油会社「ユコス」元代表)「ウクライナ侵攻は彼の個人的な動機から始まった」 ・「性暴力」私は負けなかった 卜田素代香(仮名)「暴行後『証拠が残るからシャワーを』と男が強いてきました」 ・新連載 外事警察秘録②「日本赤軍との闘い

スキ
8

【10月9日(日)20時~】 池上彰×入山章栄「キリスト教もカルトだった!? 今こそ『プロ倫』に宗教を学べ」

◆“カルト”が資本主義を生んだ? 文藝春秋digitalは、10月9日(日)20時〜、ジャーナリストの池上彰さんと経営学者の入山章栄さんによるオンライン対談イベント「キリスト教もカルトだった! 今こそ『プロ倫』に宗教を学べ」を開催します。 《ご視聴は本ページ下部よりお申し込みいただけます》 今年から池上さんと入山さんは文藝春秋digital上で対談シリーズを開始。歴史・ビジネス・軍事・経済などについて「探索」と「深化」というキーワードで議論を繰り広げています。 対談3回

スキ
15

【フル動画】池上彰×入山章栄「なぜ日本からイーロン・マスクが生まれないのか?」

◆危機の時代を生き抜くリーダーとは文藝春秋digitalは、7月25日(月)20時〜、ジャーナリストの池上彰さんと経営学者の入山章栄さんによるオンライン対談イベント「なぜ日本からイーロン・マスクが生まれないのか?」を開催しました。 《対談フル動画はこのページの下部にあります》 今年5月、池上さんと入山さんは文藝春秋digital上で初対談し、ビジネスだけでなく世界史・軍事・宗教について「探索」と「深化」というキーワードで議論を繰り広げました。 対談2回目となる今回のテー

スキ
8

≪詳細レポートPDF、カンファレンス動画全視聴≫ 文藝春秋カンファレンス「DXの未解決問題」

 文藝春秋カンファレンス「DXの未解決問題」が3月10日(木)、オンラインで開催された。識者や中堅・中小企業の著名経営者が、DXを進める上で解決すべき課題について語った。 基調講演 「最大で最後のチャンス‐日本企業のDXは何が問題なのか」 早稲田大学大学院経営管理研究科 教授 入山 章栄氏 早稲田大学ビジネススクール教授の入山章栄氏は「デジタルは、企業が新しい価値、イノベーションを生むための手段であることを認識すべきだ」として、DXそのものを目的化するような誤解に警

スキ
1

【フル動画】池上彰×入山章栄 対談「一瞬の経営判断が勝敗を分ける」

◆経営学は「最強の教養」か 文藝春秋digitalは、5月19日(木)20時〜、ジャーナリストの池上彰さんと経営学者の入山章栄さんによるオンライン対談イベント「一瞬の経営判断が勝敗を分ける」を開催しました。 《対談フル動画はこのページの下部にあります》 入山さんは『世界の経営学者はいま何を考えているのか』『世界標準の経営理論』などのベストセラーで知られ、現在の経営理論のフレームワークや理論を率先して日本に紹介されています。 入山さんは「現代の経営学は、『そもそも人・組織

スキ
13

「コープさっぽろ」ビジネスと社会貢献を両立する理想のCSV経営

アメリカのビジネススクールを経て現在、早稲田大学ビジネススクールで教鞭をとる入山章栄(いりやまあきえ)教授。グローバルな経営戦略に精通する経営学者が推薦したのは、地域に根差した生活協同組合のトップだった。 ビジネスと社会課題の解決との両立 入山教授(早稲田大学ビジネススクール) いま経営学の世界では、株主(出資者)だけを見て短期的な利益を追い求める株主資本主義に対し、懐疑的な見方が広がっています。CSR(企業の社会的な責任)や、企業活動を通じて社会課題の解決を目指すCS

スキ
17