文藝春秋digital

天皇陛下の期待に背いた菅首相の「内奏」|友納尚子
+5

天皇陛下の期待に背いた菅首相の「内奏」|友納尚子

陛下は「なかなか分かってもらえない」と嘆かれた。/文・友納尚子 (ジャーナリスト) 「天皇」と五輪の「名誉総裁」 天皇陛下は、お小さい頃から夏季と冬季のオリンピックを観戦なさることがお好きだった。 前回、東京オリンピックが開催されたのは、高度経済成長の真っただ中にあった1964(昭和39)年。陛下は満4歳になられた年だった。上皇上皇后両陛下とご一緒にマラソンや馬術競技を会場で観戦されたことを今も大切な思い出のひとつとされている。 還暦を迎えられた昨年2月の会見でも、こう

スキ
12
天皇“ご懸念”でも菅は止まらない
|赤坂太郎

天皇“ご懸念”でも菅は止まらない |赤坂太郎

世論も専門家の提言もスルーの裏で、密かな政権延命工作が。/文・赤坂太郎 「サミットは俺が動かした」6月14日夕、英国コーンウォールでのG7サミットから帰国したばかりの菅義偉首相は、官邸の首相執務室で二階俊博幹事長、林幹雄幹事長代理、森山裕国対委員長と向き合っていた。3人の用向きは、16日の会期末を控え、野党が求める国会会期の延長を巡る対応だ。野党の要求拒否を早々に確認すると、話題はサミットに移った。 「決まったメンバーであれだけ長い間議論していると、首脳同士は自然と親しく

スキ
9