文藝春秋digital

俳句|関悦史

俳句|関悦史

首・数字・春 如月の駅軍服の男ゐる 来世また瓦礫と会はん春の雨 三・一一 三・一四一五九二六…… 龍天に登るその背に眼鏡の女性 人類平均睾丸一個万愚節 おのが首取れ接ぎなほす春の夢 春の昼一億の首消え残る

スキ
14