文藝春秋digital

コロナ離婚を防ぐための「夫婦のトリセツ」

〈残念ながら、「コロナ離婚」は、確実に増えるでしょう。「熟年離婚の危機が早まったようなもの」と言う人もいます。一面では正しいでしょう。ただ“コロナ離婚の危機”は、“熟年離婚の危機”よりはるかに深刻です〉 こう断言するのは、ベストセラー『妻のトリセツ』『夫のトリセツ』の著者で脳科学…

どちらが恐い|藤原正彦「古風堂々」

文・藤原正彦(作家・数学者) 私にとってコロナとは、小学校3年生の時に、父に連れられて行った東京天文台で見た、太陽の周りで輝く散乱光であった。父の旧制中学以来の友人である古畑正秋先生が、黒点やコロナを見せてくれたのである。コロナが100万度もあると聞いて驚いたのを覚えている。それが今…