文藝春秋digital

「中川会長を直撃」日本医師会の病巣にメス 辰濃哲郎+本誌取材班

「中川会長を直撃」日本医師会の病巣にメス 辰濃哲郎+本誌取材班

ワクチン接種はなぜ遅れたのか? 中川会長を直撃すると……。/文・辰濃哲郎(ノンフィクション作家)+本誌取材班 「個別接種」は日本医師会の肝いり7月下旬から東京の新型コロナウイルスの感染者数が急増している。ワクチン接種をしていない若い年代層への感染が主流で、高齢者の感染率はかなり抑えられている。専門家が集まる厚生労働省のアドバイザリーボードも、高齢者のワクチン接種が進んでいるためと分析している。 もっと早く接種を広い世代に進められていたら、オリンピックはもっと穏やかな環境

スキ
7