文藝春秋digital

詩――最果タヒ【全文公開】

詩――最果タヒ【全文公開】

ときめき狂 いつも居心地が悪いのです、愛はどこにもないし、恋もどこにもない、ひとのこころを裂くようにして、向こう側まで探しに行けば見つかる気がしているとき、とても瞳はキラキラして、かかとは浮いて、空まで飛んで行きそうだった。天使になれる可能性、息を潜めている女の子が、家から出てきてぼくに恋する可能性ってどれぐらい?心臓をみしらぬひとに預けてしまった、無数の本を読んだ後に気づいた、ぼくはもう簡単に恋はしないし、幸せとは思わないだろう。雨音ばかりがずっとクリアになって、ぼくはい

33