文藝春秋digital

+4

引退秘話 美空ひばりとサーベル襲撃 橋幸夫 聞き手・中村竜太郎

デビュー秘話から芸能界の裏側まで波乱万丈の芸能生活を語る。/橋幸夫(歌手)、聞き手・中村竜太郎(ジャーナリスト) 橋さん プロボクサーになりたかった 10月4日、80歳を区切りに歌手を引退すると表明し、記者会見を開きました。年齢相応に体はガタがきていますし、喉の筋肉も衰えますし、医師の診断でその兆候もありました。以前から自分がイメージするような歌が歌えないのであれば、歌手卒業もありかなと考えていました。 さだまさしさんはじめ多くの方に引き止められましたし、歌手に引退はな

スキ
5

岸惠子《一本の鉛筆があれば……》

文・岸惠子  (女優) 拙著『岸惠子自伝』を上梓する時、タイトルが面映ゆかった。『岩波書店』と編集にたずさわった旧友が決めて下さったのだが……。 《岸惠子なんて麗々しく名乗ったって、誰が知るかよ!》と羞恥心を募らせた。けれど、好意的な書評を沢山頂いて、こんどは嬉しくなるという生来のおめでたさでアタマがごちゃごちゃと忙しくなった。そうしたある日、私は書斎を出て、両親が住んだ築90年近い古びた母屋の茶の間へ行きTVの前にだらしなく座った。点けた画面に現れたのは美空ひばりさん。

スキ
20