マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#樋田毅

『文藝春秋digital』2022年6月ラインナップ

■会員限定イベント●6月8日(水) ・新庄剛志「薬物使用」の過去 抜き打ち検査で「陽性」も、詳細は伏せられ、その年に引退―― 鷲田康(ジャーナリスト)+本誌取材班 ●6月10日(金) ・プーチンが最も殺したい男の告白 M・ホドルコフスキー(オリガルヒ・石油会社「ユコス」元代表)「ウクライナ侵攻は彼の個人的な動機から始まった」 ・「性暴力」私は負けなかった 卜田素代香(仮名)「暴行後『証拠が残るからシャワーを』と男が強いてきました」 ・新連載 外事警察秘録②「日本赤軍との闘い

スキ
4

「左翼的な気分」は何処へ 革マル派に体を張って抵抗した筆者の体験的左翼論 樋田毅(ジャーナリスト)

若者の熱いエネルギーはなぜ消えたのか?/文・樋田毅(ジャーナリスト) 樋田氏 「左翼」と「左翼的な気分」 今から半世紀前、1972年に私が早稲田大学に入学したころは、キャンパスの若者たちの活動エネルギーが今では想像できないほど高かった。全共闘運動に象徴される1960年代後半の「政治の季節」は終わりかけていたが、早稲田の「政治の季節」は続いていた。「革命的マルクス主義」を掲げる政治セクトの革マル派が第一文学部、第二文学部、商学部、社会科学部などの自治会執行部を握り、キャンパ

スキ
8

第53回「大宅壮一ノンフィクション賞」発表&選評

〈受賞作〉『嫌われた監督 落合博満は中日をどう変えたのか』 文藝春秋 鈴木忠平 『彼は早稲田で死んだ 大学構内リンチ殺人事件の永遠』 文藝春秋 樋田毅  正賞 100万円 副賞 日本航空提供の国際線往復航空券 公益財団法人 日本文学振興会 選考経過第53回大宅壮一ノンフィクション賞選考委員会は5月12日に都内で開催されました。選考委員の梯久美子、後藤正治、佐藤優、出口治明、森健の五氏(50音順)が出席し、討議の末、頭書のとおり受賞作が決定いたしました。 なお、受賞作以

スキ
8

朝日新聞が村山美知子社主に書かせた「遺言書」

3月3日に99歳で他界した朝日新聞社の村山美知子社主。実は朝日新聞経営陣と村山家の間では、ここ数年、株式の問題をめぐり熾烈な駆け引きが続いていた。そして、社主の持ち株割合を下げるために、朝日新聞社の経営陣は“暴走”を始める。「ここまでやるのか…」と漏らすほど不誠実な経営陣の対応を、村山氏の元秘書役が赤裸々に明かした。/文・樋田毅(元朝日新聞記者・ジャーナリスト) 社主のことを歴史に残したい私は縁あって村山美知子さんに都合7年間、秘書役としてお仕えいたしました。彼女は朝日新聞

スキ
25