文藝春秋digital

マンガ『大地の子』第34話 春節|原作・山崎豊子

マンガ『大地の子』第34話 春節|原作・山崎豊子

第34話 再会★前回の話を読む。 ★最初から読む。

スキ
7
マンガ『大地の子』第33話 突風|原作・山崎豊子

マンガ『大地の子』第33話 突風|原作・山崎豊子

第33話 再会★前回の話を読む。 ★次回の話を読む。 ★最初から読む。

スキ
5
マンガ『大地の子』第32話 再会|原作・山崎豊子

マンガ『大地の子』第32話 再会|原作・山崎豊子

第32話 再会★前回の話を読む。 ★次回の話を読む。 ★最初から読む。

スキ
30
マンガ『大地の子』第31話 妹よ|原作・山崎豊子

マンガ『大地の子』第31話 妹よ|原作・山崎豊子

第31話 妹よ★前回の話を読む。 ★次回の話を読む。 ★最初から読む。

スキ
11
マンガ『大地の子』第30話 明暗|原作・山崎豊子

マンガ『大地の子』第30話 明暗|原作・山崎豊子

第30話 明暗★前回の話を読む。 ★次回の話を読む。 ★最初から読む。 原作:山崎豊子 大正13(1924) 年、大阪市に生れる。京都女子大学国文科卒業、毎日新聞大阪本社に入社。昭和 32 年、生家の昆布商を題材にした処女長篇「暖簾」を書下し刊行。翌 33 年、「花のれん」で第 39 回直木賞受賞。同年退社、執筆に専念。主な著書に『白い巨塔』『不毛地帯』『二つの祖国』『大地の子』『沈まぬ太陽』など。平成 3 年に第 39 回菊池寛賞、 21 年に『運命の人』で第 63 回毎

スキ
12
マンガ『大地の子』第29話 変節|原作・山崎豊子
+28

マンガ『大地の子』第29話 変節|原作・山崎豊子

第29話 変節★前回の話を読む。 ★次の話を読む。 ★最初から読む。 原作:山崎豊子 大正13(1924) 年、大阪市に生れる。京都女子大学国文科卒業、毎日新聞大阪本社に入社。昭和 32 年、生家の昆布商を題材にした処女長篇「暖簾」を書下し刊行。翌 33 年、「花のれん」で第 39 回直木賞受賞。同年退社、執筆に専念。主な著書に『白い巨塔』『不毛地帯』『二つの祖国』『大地の子』『沈まぬ太陽』など。平成 3 年に第 39 回菊池寛賞、 21 年に『運命の人』で第 63 回毎日

スキ
14
マンガ『大地の子』第28話 密告|原作・山崎豊子

マンガ『大地の子』第28話 密告|原作・山崎豊子

第28話 密告 ★前回の話を読む。 ★次の話を読む。 ★最初から読む。 原作:山崎豊子 大正13(1924) 年、大阪市に生れる。京都女子大学国文科卒業、毎日新聞大阪本社に入社。昭和 32 年、生家の昆布商を題材にした処女長篇「暖簾」を書下し刊行。翌 33 年、「花のれん」で第 39 回直木賞受賞。同年退社、執筆に専念。主な著書に『白い巨塔』『不毛地帯』『二つの祖国』『大地の子』『沈まぬ太陽』など。平成 3 年に第 39 回菊池寛賞、 21 年に『運命の人』で第 63 回毎

スキ
11
マンガ『大地の子』第27話 誓い|原作・山崎豊子

マンガ『大地の子』第27話 誓い|原作・山崎豊子

第27話 誓い ★前回の話を読む。 ★次の話を読む。 ★最初から読む。 原作:山崎豊子 大正13(1924) 年、大阪市に生れる。京都女子大学国文科卒業、毎日新聞大阪本社に入社。昭和 32 年、生家の昆布商を題材にした処女長篇「暖簾」を書下し刊行。翌 33 年、「花のれん」で第 39 回直木賞受賞。同年退社、執筆に専念。主な著書に『白い巨塔』『不毛地帯』『二つの祖国』『大地の子』『沈まぬ太陽』など。平成 3 年に第 39 回菊池寛賞、 21 年に『運命の人』で第 63 回毎

スキ
14
マンガ『大地の子』第26話 長江|原作・山崎豊子

マンガ『大地の子』第26話 長江|原作・山崎豊子

第26話 長江 ★前回の話を読む。 ★次の話を読む。 ★最初から読む。 原作:山崎豊子 大正13(1924) 年、大阪市に生れる。京都女子大学国文科卒業、毎日新聞大阪本社に入社。昭和 32 年、生家の昆布商を題材にした処女長篇「暖簾」を書下し刊行。翌 33 年、「花のれん」で第 39 回直木賞受賞。同年退社、執筆に専念。主な著書に『白い巨塔』『不毛地帯』『二つの祖国』『大地の子』『沈まぬ太陽』など。平成 3 年に第 39 回菊池寛賞、 21 年に『運命の人』で第 63 回毎

スキ
14
マンガ『大地の子』第25話 旅路|原作・山崎豊子

マンガ『大地の子』第25話 旅路|原作・山崎豊子

第25話 旅路 ★前回の話を読む。 ★次の話を読む。 ★最初から読む。 原作:山崎豊子 大正13(1924) 年、大阪市に生れる。京都女子大学国文科卒業、毎日新聞大阪本社に入社。昭和 32 年、生家の昆布商を題材にした処女長篇「暖簾」を書下し刊行。翌 33 年、「花のれん」で第 39 回直木賞受賞。同年退社、執筆に専念。主な著書に『白い巨塔』『不毛地帯』『二つの祖国』『大地の子』『沈まぬ太陽』など。平成 3 年に第 39 回菊池寛賞、 21 年に『運命の人』で第 63 回毎

スキ
15