マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#メダリスト

フラットに、淡々と 為末大

著名人が母親との思い出を回顧します。今回の語り手は、為末大さん(為末大学学長・元陸上選手)です。 フラットに、淡々と「これをしなさい」「あれをしなさい」と細かく指示するタイプではありませんでした。教育方針がなかったんだと思います。一つだけ言うとすれば、「なにか運動はしてほしい」くらい。 母は僕のすることを、いつも黙って見守ってくれていました。僕の人生の岐路において、アドバイスすることもなければ、応援することもなかった。高校・大学の進路は相談しませんでしたし、会社を辞めるの

スキ
7

私の安全基地|田中ウルヴェ京

著名人が母親との思い出を回顧します。今回の語り手は、田中ウルヴェ京さん(五輪メダリスト・IOCマーケティング委員)です。 私の安全基地私の母は今年84歳。ここ数年は肺や甲状腺の手術を受けたので、陽気な母でもさすがに気弱になるかなと思いきや、コロナ禍の自粛生活や父の介護といった心疲れることにも明るく「今できること」を工夫する母です。 母の思い出といえば、やはり選手時代のことが浮かびます。私は10歳の時に競泳からシンクロナイズドスイミングに転向、ほぼ毎日練習に行き始めました。

スキ
7