文藝春秋digital

俳句|木田智美

俳句|木田智美

その葉梅雨曇デッサンにパン配られて 文鳥のさらりと乾く桜桃忌 バター焦がすにおいに目覚め扇風機 白百合や未来を記すガラスペン レース模様浮いて九月の醤油皿 秋茜かばんの肩掛けのねじれ バイク屋に無花果の熟れその葉裏

スキ
11