文藝春秋digital

綾小路きみまろ 誌上独演会「コロナと毒舌」
+4

綾小路きみまろ 誌上独演会「コロナと毒舌」

東京五輪で芸能生活に一区切りつけようと思っていたが……。/文・綾小路きみまろ(漫談家) 綾小路きみまろさん 「夫婦の会話」「お父さん、お父さん」 「なんだ?」 「世の中、横文字が多くてね、さっぱり分からないんだけど。パンデミックってなに?」 「パンデミック、パンデミックス、パンでミックス……ミックスサンドのことじゃないか」 私のレパートリーの一つに「夫婦の会話」というネタがありますが、なかでもこうした横文字シリーズが好評です。近頃の奥様方はテレビばかり見ていますから。朝

スキ
21
印象的な父の姿|小島よしお

印象的な父の姿|小島よしお

著名人が父親との思い出を回顧します。今回の語り手は、小島よしお(お笑いタレント)です。 印象的な父の姿久しぶりに実家に帰って当時の父の選挙ポスターを見て驚いた。 父はまだ35歳だった。今の自分の5つも下。ポスターの父の満面の笑み。 そういえば、思い出す父の顔はいつも笑っている気がする。 父は国会議員選挙に計6回立候補しているが全て落選している。言葉にするとあっけないけど毎回相当な労力があったと思う。母が僕を里帰り出産(久米島)したのも選挙運動が忙しい影響だ。ストレスか

スキ
6
【対談】神田伯山×有働由美子「弟子の前でも前のめりの三振をしたい」

【対談】神田伯山×有働由美子「弟子の前でも前のめりの三振をしたい」

news zeroメインキャスターの有働さんが“時代を作った人たち”の本音に迫る対談企画「有働由美子のマイフェアパーソン」。今回のゲストは、講談師の神田伯山さんです。44年ぶりに大名跡を復活。講談の申し子が「笑わせる芸」を目指さない理由とは? 伯山さん(左)と有働キャスター(右) テレビにラジオに引っ張りだこ有働 伯山さん、ご無沙汰しています。2年前に『news zero』に出演していただいて以来ですね。今回はオンラインで画面越しですが、よろしくお願いします。 伯山 有

スキ
46
横山やすしさんと渡哲也さん|西川きよし

横山やすしさんと渡哲也さん|西川きよし

文・西川きよし(タレント) 西川氏 2020年10月に文化功労者に選出されました。漫才の分野では初めてです。本当に大変驚きました。漫才は平安時代に始まった太夫と才歳という二人一組の芸が原型といわれて歴史は長いですが、歌舞伎や落語などたくさんの芸事がある上方では歌や舞の合間をつなぐ存在でした。それが今回、文化のひとつとして漫才師が仲間入りを認められ、「やったあ!」と飛び上がるほどうれしかったです。家内もよかったねと泣いていました。 早速、相方のやすしさんにも報告しました。

スキ
11
原点回帰――片山勝三

原点回帰――片山勝三

文・片山勝三(興行師)  芸人がライブを行う「劇場」という興行の世界で20年以上生きてきた僕から、これから芸人として生きると決めた方へお伝えします。 「素晴らしいタイミングで芸人として生きていく覚悟を決めましたね!」と。  社会が窮屈になり、お笑いが大変なときに何を言っているんだ、と思われるかもしれません。でも、倫理観が強まる中、芸人が芸人らしく生きて大金持ちになれるような、そして若者から絶大な支持を受けるような世の中がまた来るという確信が、僕にはあります。そのためにす

スキ
4