文藝春秋digital

がん医療の新常識 すい臓がんは「尾道方式」で早期発見できる

難発見がんとして知られる膵がん。自覚症状がなく、見つかった時は既に手遅れというケースも珍しくない。「膵がんから助かる人はいない」とも言われる、がんの中でも特に恐ろしいがんだ。だが、そんな膵がんの「ゼロ期」治療が可能だという。成功の決め手は街医者の“連携”だった。/文・長田昭二(医…