マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#尾崎治夫

『文藝春秋digital』2022年6月ラインナップ

■会員限定イベント●6月8日(水) ・新庄剛志「薬物使用」の過去 抜き打ち検査で「陽性」も、詳細は伏せられ、その年に引退―― 鷲田康(ジャーナリスト)+本誌取材班 ●6月10日(金) ・プーチンが最も殺したい男の告白 M・ホドルコフスキー(オリガルヒ・石油会社「ユコス」元代表)「ウクライナ侵攻は彼の個人的な動機から始まった」 ・「性暴力」私は負けなかった 卜田素代香(仮名)「暴行後『証拠が残るからシャワーを』と男が強いてきました」 ・新連載 外事警察秘録②「日本赤軍との闘い

スキ
4

尾﨑治夫(都医師会会長)「疑惑のカネ」 岩澤倫彦

政府にモノ申す硬骨の医師が手を染める脱法的な医療ビジネス。/文・岩澤倫彦(ジャーナリスト) ”忖度なしの直言居士”に重大な疑惑2年前に新型コロナウイルスの感染拡大が始まって以降、テレビでおなじみになった東京都医師会会長の尾﨑治夫氏(70)。 政府の観光政策に対して「Not Go Toキャンペーン」を提案し、昨年の東京五輪でも「今の状況では開催困難」と開催に異議を表するなど、政府にも忖度なしの直言居士として世間の注目を集めてきた。 尾﨑氏 ところが、こうした表の顔とは裏

スキ
19

都医師会長の警告 「無為無策」「責任回避」の安倍政権が日本を壊す

いったんは収まる気配をみせていた新型コロナウイルスが、猛威を振るい始めた。7月に入って東京都の1日当たりの感染者数は瞬く間に300人台に達し、事態は深刻化するばかりだ。 緊急事態宣言を解除して以降、経済優先策に舵を切ったかにみえる政府だが、具体的な感染防御策となると一向に見えてこない。東京で蔓延すれば日本全国に飛び火するのは目に見えている。にもかかわらず政府から発せられるのは「三密の回避」の掛け声ばかり。 東京都医師会の尾﨑治夫会長は、「このままでは、日本は大変なことにな

スキ
36

医療現場はもう限界……東京都医師会長の警告「政治家は現場に来い!」

「これ以上、東京都は持ちません!」 3月下旬、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、医療現場は崩壊の危機に瀕していた。一向に緊急事態宣言を出そうとしなかった政権に反旗を翻した異色の医師がいた。尾﨑治夫、東京都医師会長。決死の覚悟で放った尾﨑のメッセージとは何だったのか。/文・辰濃哲郎(ノンフィクション作家) 都医師会長の型破りな呼びかけ3月下旬、東京都医師会長の尾﨑治夫は、明らかに苛立っていた。 「ふざけんなよ。現場がどうなっているのか、わかってんのかって言いたいよ」

スキ
41