文藝春秋digital

予期せぬ出来事─私の闘癌記─|作家・石原慎太郎 特別寄稿

予期せぬ出来事─私の闘癌記─|作家・石原慎太郎 特別寄稿

作家で元東京都知事の石原慎太郎氏(87)が、“難治がん”のすい臓がんから奇跡の生還を果たしていた。そんな石原氏が、『文藝春秋』に闘病の様子などを綴った手記を寄せた。これは、地獄の底から予期せず這い上がった男の国への最後の建言である──。/文・石原慎太郎(作家) 石原氏 芥川賞で有名になった訳ではない 振り返って見れば私の人生は予期せぬ出来事の連続だった。 学生時代に復刊させたかつての『一橋文芸』の原稿がいざとなるとどうしても足りずにその穴埋めを頼まれて書いた小説が文學

スキ
49
堀ちえみ独占インタビュー 舌がん「ステージⅣ」からの生還

堀ちえみ独占インタビュー 舌がん「ステージⅣ」からの生還

 堀ちえみ(52)が舌がんに罹患していることを公式ブログで公表したのは、今年2月19日。あれから8ヵ月、闘病の日々や家族との絆、復帰への思いを綴った著書『Stage For〜舌がん「ステージ4」から希望のステージへ』(扶桑社)を出版。サイン会などの活動も再開した。一部にまだ発音しづらい音があるものの、彼女は一語一語噛みしめるように、約2時間にもわたって休むことなく語り続けた。/取材・構成 鳥集徹 10カ月の闘病体験を綴った新刊 負けてはいられない  私と同じような病気を

スキ
12