文藝春秋digital

45分以内に200人分を調理、ビーフシチューに海苔をトッピング……元陸将が教える「自衛隊ミリ飯」の世界

45分以内に200人分を調理、ビーフシチューに海苔をトッピング……元陸将が教える「自衛隊ミリ飯」の世界

昨今、各国の軍隊で支給される携帯保存食が「ミリ飯(ミリタリーご飯)」として親しまれている。各国の食文化が反映されているミリ飯は、バラエティに富んでおり、見ていて楽しい。 では、日本の自衛隊員はどんなミリ飯を日々食べているのだろうか? 元中部方面総監・陸将の山下裕貴氏が奥深い自衛隊ミリ飯の世界を紹介する。 ◆山下裕貴(やました・ひろたか) 1956年、宮崎県生まれ。1979年、陸上自衛隊入隊。自衛隊沖縄地方協力本部長、東部方面総監部幕僚長、第三師団長、陸上幕僚副長、中部方面総

6