マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#楽天

『文藝春秋digital』2022年6月ラインナップ

■会員限定イベント●6月8日(水) ・新庄剛志「薬物使用」の過去 抜き打ち検査で「陽性」も、詳細は伏せられ、その年に引退―― 鷲田康(ジャーナリスト)+本誌取材班 ●6月10日(金) ・プーチンが最も殺したい男の告白 M・ホドルコフスキー(オリガルヒ・石油会社「ユコス」元代表)「ウクライナ侵攻は彼の個人的な動機から始まった」 ・「性暴力」私は負けなかった 卜田素代香(仮名)「暴行後『証拠が残るからシャワーを』と男が強いてきました」 ・新連載 外事警察秘録②「日本赤軍との闘い

スキ
4

丸の内コンフィデンシャル<財界インサイドレポート>

日本の経済の中心地、東京・丸の内。敏腕経済記者たちが“マル秘”財界情報を覆面で執筆する。 ★ドンの痛恨事富士フイルムホールディングス(HD)のドン、古森重隆会長兼CEOが6月の株主総会で取締役からも退き、最高顧問になる。 日立製作所の画像診断機器事業の買収が完了し、富士ゼロックスが富士フイルムビジネスイノベーション(BI、真茅久則社長兼CEO)に4月1日付で社名変更する大きな節目を引き際に選んだ。 助野健児社長兼COOが代表権のある会長兼取締役会議長、メディカルシステム

スキ
5

【楽天・三木谷浩史】マー君、東京五輪、携帯料金……僕が今考えている全てのこと

「世界初の技術」でプラットフォーマーになる——。三木谷浩史(楽天会長兼社長)が脳内で描いている未来とは。/取材・構成=大西康之(ジャーナリスト) <summary> ▶︎実は、田中将大が7年前にヤンキースに移籍する際、「現役バリバリの時に帰ってきてね」と伝えていた ▶︎コロナ禍は、三木谷氏が携帯料金の値下げに踏み切った決断のきっかけのひとつ ▶︎楽天が2023年に人工衛星を使った通信ネットワークの構築を目指している 三木谷氏 しばらくは声援の我慢を 東日本大震災から10

スキ
9

丸の内コンフィデンシャル<財界インサイドレポート>

日本の経済の中心地、東京・丸の内。敏腕経済記者たちが“マル秘”財界情報を覆面で執筆する。 ★楽天が試される「売る力」楽天(三木谷浩史会長兼社長)と米投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR、ヘンリー・クラビス共同CEO)は、11月16日、大手スーパー西友(リオネル・デスクリー社長兼CEO)に85%出資すると発表した。KKRが65%、楽天が20%の株式を取得。西友の親会社は世界最大のスーパーであるウォルマート・インク(ダグ・マクミロンCEO)からKKRに代わる。

スキ
5

がん医療の新常識 楽天・三木谷浩史が167億円出資した「光免疫療法」の全貌

2012年、悪童だった三木谷を放任主義で育てた最愛の父・良一にすい臓がんが見つかった。三木谷は父を救うため、奔走する。そして、アメリカである治療法に出会った。「インターネットに出会った時と似た感覚」と三木谷氏が振り返る画期的治療法の全貌とは?/文・大西康之(ジャーナリスト)

スキ
1

丸の内コンフィデンシャル<財界インサイドレポート>

日本の経済の中心地、東京・丸の内。敏腕経済記者たちが“マル秘”財界情報を覆面で執筆する。

スキ
1