文藝春秋digital

下町の縫製工場が立ち上げたファッションブランドがコロナ禍でなぜ売れるのか? 中小企業が低成長時代を生き残るヒント

下町の縫製工場が立ち上げたファッションブランドがコロナ禍でなぜ売れるのか? 中小企業が低成長時代を生き残るヒント

長引く外出自粛でファッション消費が縮小している。アパレル業界が苦境に陥っている中、「動きやすさ」をウリに成長中のファッションブランドがある。東京の下町にある縫製工場、丸和繊維工業が展開する自社ブランド『INDUSTYLE TOKYO』だ。以前は下請け縫製を専門とする会社だったが、国内工場の利益率低迷という逆境を脱出するため自社ブランド事業に挑んできた。 丸和繊維工業は2回の失敗を経て、ようやく成功を掴んだ。 老舗中小企業が次世代の事業を築いたストーリーには、低成長時代を迎

18