マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に配信。月額900円。(「文藝春秋digital」は2023年5月末に終了します。今後は、新規登録なら「月あたり450円から」の「文藝春秋 電子… もっと読む
noteで展開する「文藝春秋digital」は2023年5月末に終了します。同じ記事は、新サービス… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#嘉島唯

文藝春秋digital読者の皆さまへ、編集長より最後のお願い【「文藝春秋 電子版」1年無料プランのご案内】《このキャンペーンは終了しました》

5月31日、「文藝春秋digital」はクローズいたします。 これまで「文藝春秋digital」をご愛読いただきまして、誠にありがとうございました。 先にもお知らせした通り、月刊文藝春秋のサブスクリプションは「文藝春秋 電子版」に一本化します。これまで「文藝春秋digital」をご愛読いただいた皆さまには、突然のお知らせになったことを、改めてお詫び申し上げます。 「文藝春秋digital」のサービスが終了しますと、6月から皆さまに最新記事をお届けできなくなってしまいます

鏡と父|嘉島唯

文・嘉島唯(かしま ゆい) ニュースポータルで働く編集者、ライター。通信会社の営業からGizmodo、HuffPost、BuzzFeed Japanを経て現職。  Twitter:@yuuuuuiiiii note:yuuuuuiiiii ★前回を読む。 小一時間の外出を頑なに拒む父男性が鏡を見ていると、ナルシストだと揶揄される。そんな話をよく聞くが、なぜ、外見に気を使ってはいけないのだろうか。女の私だって、自分の容姿が好きで鏡を見ているわけではない。「違和感がないか」を