文藝春秋digital

短歌|木下龍也

はな、ればなれ 染み込んだつゆに衣をうばわれる痩身の海老のように起床 空き缶の日の空き缶に早朝のごみ捨て場まで連れて行かれる こころっていつも…

短歌|永田和宏

この夏の死 限りなくこの夏に死にしクマゼミのなかのひとつが地にもがきゐる この辺でもういいだらうと現(うつ)し身(み)の抜けたる痕(あと)が幹…

短歌 / 小島なお【全文公開】

Cコード 冷蔵庫に貼るマグネットM・Oは死者のイニシャル白葡萄の絵 使わなかった傘を手すりに引っ掛けて余計さみしくなるのに待てり そのなかに自分…

短歌ーー東直子【全文公開】

赤い猫 車掌さん、車掌さん、と呼んでみる ガスの炎や煮えたぎる湯を 寿歌(ほぎうた)はひとりひとりの花野なり二両列車が遠くでひかる 昆布だしの…

短歌――山階基【全文公開】

餃子の夢 音楽は鳴り終えている起き抜けのぼやけた窓を雨はくすぐる 大ぶりなポストに缶を並べたら夜風にやられそうなパーティー 泣きながら打ち明け…

新天皇・雅子皇后の素顔「ご一緒に詠まれる歌」

陛下はお酒、雅子さまは生き物が大好き。ご出産秘話から御所の中の私生活まで……新天皇・皇后おふたりに接した人々が素顔を明かす。 文・篠弘(歌人)…

短歌――山田航【全文公開】

レコードにくちづけ 軽音部は廃部になってマーシャルはいま校長の訓話を鳴らす 踊り場ですれ違うとき鳴る胸のビートがリズム無視してくるよ 4拍子8…

短歌――田口綾子【全文公開】

点滅 リモコンを頭上にかざす 今季初の除湿のために、高々と、いま 部屋干しの湿度と臭ひに負けた、など思はねどわれらに涼しさを! (冷えないね)(…