マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#トヨタ

『文藝春秋digital』2022年6月ラインナップ

■会員限定イベント●6月8日(水) ・新庄剛志「薬物使用」の過去 抜き打ち検査で「陽性」も、詳細は伏せられ、その年に引退―― 鷲田康(ジャーナリスト)+本誌取材班 ●6月10日(金) ・プーチンが最も殺したい男の告白 M・ホドルコフスキー(オリガルヒ・石油会社「ユコス」元代表)「ウクライナ侵攻は彼の個人的な動機から始まった」 ・「性暴力」私は負けなかった 卜田素代香(仮名)「暴行後『証拠が残るからシャワーを』と男が強いてきました」 ・新連載 外事警察秘録②「日本赤軍との闘い

スキ
4

新聞エンマ帖 報道にもの申す サッカー日本代表への「忖度」、「円安・物価高」に右往左往

★政権・企業追及の「企業努力」これぞ「聞く耳」のしたたかさと言うべきか。岸田文雄首相は通常国会閉会から2日後の6月17日、愛知県豊田市にあるトヨタ自動車元町工場を視察した。 「世界のトヨタ」のお膝元に乗り込んで豊田章男社長と懇談、秋以降に首相と関係閣僚、自動車会社トップらによる対話の場を設けると表明したというのだから、誰が考えても露骨な参院選対策ではある。ただ、知りたいのは、真の仕掛け人は誰か、本当の狙いは何かといった視察劇の裏にあるものだろう。 時事通信は「岸田首相、ト

スキ
1

赤坂太郎 「連合を割る」岸田・麻生の芳野取り込み戦略 労組の連合離れと保守分裂選挙……地殻変動の震源にあるものとは?

文・赤坂太郎 「連合」の分断を狙う 「やらせてみたらそこそこやるじゃねえか。案外、労働組合も悪くはねえし。岸田は運がいいのかもしれねえな」 自民党副総裁の麻生太郎の最近の口癖である。この言葉には、現在の永田町を覆う空気が凝縮されている。1年前には誰もその座につくとは想像していなかった首相の岸田文雄は、約6割の政権支持率を維持している。今年年初にはコロナ第6波で不手際が続いたが、ロシアのウクライナ侵略という“運”が味方し、支持率は上向いた。 そんな岸田が狙うのが、日本最大

スキ
3

丸の内コンフィデンシャル<財界インサイドレポート>

日本の経済の中心地、東京・丸の内。敏腕経済記者たちが“マル秘”財界情報を覆面で執筆する。 ★絶好調ニトリ、次の一手家具・日用品大手のニトリホールディングス(似鳥昭雄会長)が首都圏戦争に参戦する。ホームセンター(HC)大手の島忠(岡野恭明社長)の買収に名乗りをあげ、再編劇は新局面に入った。 島忠をめぐっては、HC最大手のDCMホールディングス(石黒靖規社長兼COO)が完全子会社化に向けて11月16日までTOB(株式公開買い付け)を実施中。島忠はDCMのTOBに賛同している。

スキ
8