文藝春秋digital

中国・武漢でコロナを告発したアイ・フェン医師のその後——医療事故で右眼を失明してい…

文・林毅(ライター・研究者) 広義のジャーナリズムやプロパガンダをテーマに研究を行う。 Twitter:@LinYi_China 削除と転載を繰り返した記事 昨年3月10日、中国の湖北省武漢市中心病院に勤務する女性医師アイ・フェン(艾芬)へのインタビューが月刊誌『人物』公式アカウント掲載直後に削除され、そ…

船橋洋一の新世界地政学 コロナ・チェルノブイリ

今、世界では何が起きているのか? ジャーナリストの船橋洋一さんが最新の国際情勢を読み解きます。 コロナ・ウィルス感染が広がるにつれ、中国では米国で去年大ヒットしたドキュドラマ『チェルノブイリ』に関心が集まっているようだ。チャットルームでの書き込みには「自由な情報を保証するほうが空…

武漢ロックダウン「邦人救出」15日間全記録|現地指揮官の手記

コロナが発生した中国・武漢からの邦人退避はどのように行われたのか。チャーター機の手配など現地オペレーションの指揮官が、緊迫の15日間を振り返った。/文・植野篤志(外務省国際協力局長・前中国特命全権公使) 天安門事件とSARSの経験 日本政府は1月下旬以降、中国湖北省武漢に計5便のチャータ…

「肺炎について絶対言うな。旦那にも…」中国政府に口封じされた武漢・中国人女性医師の…

3月10日、中国共産党系人民出版社傘下の月刊誌『人物』に、武漢市中心病院救急科主任のアイ・フェン(艾芬)医師のインタビュー記事(文・(尤+共)菁琦/編集・金石)が掲載された。だが、発売と同時に回収され、インターネット掲載記事も2時間後に削除され、転載も禁じられた。しかし義憤を覚えた市…

相次ぐ政府の失策…安倍総理よ、「国民を守る」原点に帰れ|櫻井よしこ

国家は、国民と国土を守る責務を負っています。国民を脅かすものが現れた場合、全力を発揮して国民、国土を守る。これが大前提です。ところが、いまの日本はその機能を喪失しています。今回あらわになった日本という国家の欠落は、変えなくてはなりません。/文・櫻井よしこ(ジャーナリスト) 櫻井氏…