文藝春秋digital

岩崎恭子 “14歳の金メダリスト”が見た「天国と地獄」

岩崎恭子 “14歳の金メダリスト”が見た「天国と地獄」

1992年、14歳で出場したバルセロナ五輪で競泳史上最年少金メダリストとなった岩崎恭子さん。「時の人」となった彼女は、狂騒の渦に巻き込まれる。14歳の少女の日常は瞬く間に崩壊した。五輪後の狂騒を乗り越えるための歳月をどう過ごしてきたのか。/ 文・鈴木忠平(ライター) 今はメダルに本当に感謝できる  今まで生きてきた中で一番幸せです――。1992年、バルセロナの太陽の下でうれし泣きした少女には、その有名な台詞と対照的になぜか薄幸の印象がつきまとっている。うつむきながら歩く姿

スキ
23