マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#ジャーナリズム

『文藝春秋digital』2022年6月ラインナップ

■会員限定イベント●6月8日(水) ・新庄剛志「薬物使用」の過去 抜き打ち検査で「陽性」も、詳細は伏せられ、その年に引退―― 鷲田康(ジャーナリスト)+本誌取材班 ●6月10日(金) ・プーチンが最も殺したい男の告白 M・ホドルコフスキー(オリガルヒ・石油会社「ユコス」元代表)「ウクライナ侵攻は彼の個人的な動機から始まった」 ・「性暴力」私は負けなかった 卜田素代香(仮名)「暴行後『証拠が残るからシャワーを』と男が強いてきました」 ・新連載 外事警察秘録②「日本赤軍との闘い

スキ
4

新聞エンマ帖 報道にもの申す サッカー日本代表への「忖度」、「円安・物価高」に右往左往

★政権・企業追及の「企業努力」これぞ「聞く耳」のしたたかさと言うべきか。岸田文雄首相は通常国会閉会から2日後の6月17日、愛知県豊田市にあるトヨタ自動車元町工場を視察した。 「世界のトヨタ」のお膝元に乗り込んで豊田章男社長と懇談、秋以降に首相と関係閣僚、自動車会社トップらによる対話の場を設けると表明したというのだから、誰が考えても露骨な参院選対策ではある。ただ、知りたいのは、真の仕掛け人は誰か、本当の狙いは何かといった視察劇の裏にあるものだろう。 時事通信は「岸田首相、ト

スキ
1

新連載「記者は天国に行けない②」清武英利

いち、にのさん、でドアを開けた瞬間……支局時代に見た記者たちの原点。/文・清武英利(ノンフィクション作家) ★前回を読む。 1そのころの青森警察署は、庁舎のあちこちが古びて、陸奥湾から吹きつける潮風に浸食され始めていた。変色したそのビルの2階に、強行犯や盗犯を相手にする刑事たちの大部屋があった。 奥の窓際に陣取るのが、ねぶたの関羽のように大頭の刑事一課長である。逆光に包まれると、赤ら顔はひどく黒く見えた。記者たちがデカ部屋に自由に出入りできる時代で、彼の机の前の、くたび

スキ
8

京アニ事件と実名報道――澤康臣

文・澤康臣(共同通信記者) 写真・広野真嗣

スキ
1