マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#阿川佐和子

『文藝春秋digital』2022年6月ラインナップ

■会員限定イベント●6月8日(水) ・新庄剛志「薬物使用」の過去 抜き打ち検査で「陽性」も、詳細は伏せられ、その年に引退―― 鷲田康(ジャーナリスト)+本誌取材班 ●6月10日(金) ・プーチンが最も殺したい男の告白 M・ホドルコフスキー(オリガルヒ・石油会社「ユコス」元代表)「ウクライナ侵攻は彼の個人的な動機から始まった」 ・「性暴力」私は負けなかった 卜田素代香(仮名)「暴行後『証拠が残るからシャワーを』と男が強いてきました」 ・新連載 外事警察秘録②「日本赤軍との闘い

スキ
4

阿川佐和子×有働由美子「週刊文春から移籍を狙ってたのに」

news zeroメインキャスターの有働さんが“時代を作った人たち”の本音に迫る対談企画「有働由美子のマイフェアパーソン」。今回のゲストは、作家の阿川佐和子さんです。 阿川さん(左)と有働さん(右) ゲストが手強いぞと思ったら――「聞く力」に学ぶ㊙テクニック阿川 有働さん、この連載は月1回ですよね? 有働 そうです。 阿川 私、狙ってたんです。 有働 えっ!? 阿川 週刊文春の連載「阿川佐和子のこの人に会いたい」が大変だから、月刊くらいのペースがいいなと思って。担

スキ
9

岸田総理に「聞く力」を聞く 「嫌いな政治家は?」「いっぱいいますよ」 阿川佐和子

岸田文雄(内閣総理大臣)、聞き手・阿川佐和子(作家・エッセイスト) 「自分の持ち味は聞く力」阿川 お久しぶりです。 岸田 5年前の対談(『週刊文春』2016年2月18日号「阿川佐和子のこの人に会いたい」)以来ですね。 阿川 テレビで拝見して、おや、目が充血してるぞって思う時もありますが、お疲れではないですか? 岸田 大丈夫です。元気にやっております。 阿川 まずは御礼を申し上げようと思って。私は2012年に『聞く力』という本を出したんですが、岸田さんが総裁選の時に「

スキ
7

イベントレポート「阿川佐和子さんが体験した介護の話と ”争族”にならないための早めの手立てとは?」

去る9月8日、文藝春秋によるオンラインセミナー「相続で知っておきたポイント」が開催された。三井不動産レッツの協賛による本イベントは、第1部に作家・阿川佐和子さんが登壇しご自身の介護体験がテーマの講演と、第2部の三井不動産株式会社 レッツ資産活用部・杉谷隆さんによる相続にまつわるヒントに富んだセミナーとなった。 第一部は、作家・阿川佐和子さんをゲストに迎え、「父と母からの贈り物」と題して、ご両親の介護を通して教えられたこと、受け取ったものについて話をうかがった。 阿川さんは

スキ
8

大宅文庫の教え|阿川佐和子

文・阿川佐和子(エッセイスト・作家) 阿川氏 大宅壮一文庫というものを、一般の方々はどれほど認識しているだろうか。メディアで仕事をする者にとってなくてはならぬ存在であるけれど、たとえば普通の大学生が「よし、大宅文庫に行って調べものをしよう」と発想することはまずあるまい。わからないことがあれば即座にスマホを持ち出し何でも解明できる時代である。ネット情報がどれほど当てになるかは別として、とりあえずの知識と情報は手軽に入手できるのだ。 そういう時代であることを批判するつもりは

スキ
15

阿川佐和子 慣れる力|特別寄稿「 #コロナと日本人 」

新型コロナウイルスは、世界の景色を一変させてしまいました。文藝春秋にゆかりのある執筆陣が、コロナ禍の日々をどう過ごしてきたかを綴ります。今回の筆者は、阿川佐和子氏(作家・エッセイスト)です。 シャカリキ時間がなくなった 緊急事態宣言が解除されるとともに少しずつ仕事も動き始めた。リモート方式で継続させていたテレビや雑誌の対談を、いつから通常の直接対面型に戻そうか。延期になっていた地方での仕事や講演の日程をどのように再調整するか。担当者と探り合いながら一歩ずつ前進しているところ

スキ
27