文藝春秋digital

世界経済の革命児 ジャック・ドーシー(ツイッター共同創業者CEO)|大西康之

ジャーナリストの大西康之さんが、世界で活躍する“破格の経営者たち”を描く人物評伝シリーズ。今月紹介するのは、ジャック・ドーシー(Jack Patrick Dorsey、ツイッター共同創業者CEO)です。 ジャック・ドーシー トランプをやり込めるパンクな喧嘩屋 秋の大統領選で再選を目指すドナルド・トラン…

飯間浩明の日本語探偵 【ひ】「誹謗」なき「批判」 識者さんお手本見せて

国語辞典編纂者の飯間浩明さんが“日本語のフシギ”を解き明かしていくコラムです。 【ひ】「誹謗」なき「批判」 識者さんお手本見せて 5月下旬に女子プロレスラーの木村花さんが亡くなったことは、ネット社会に衝撃を与えました。いわゆる恋愛リアリティー番組に出演中の言動について、彼女がネッ…

数字の科学 世界一黒い物質の光の吸収率

サイエンスライターの佐藤健太郎氏が世の中に存在する様々な「数字」のヒミツを分析します。 世界一黒い物質の光の吸収率=99.995% カーボンナノチューブ(CNT)という物質がある。炭素原子が細いチューブ状に長く連結したもので、極めて強靱な繊維となる他、チューブの巻き方によって優れた導電体に…

スターは楽し ジャック・レモン|芝山幹郎

ジャック・レモン AF Archive/Mary Evans Picture Library/共同通信イメージズ 上質のハム 『お熱いのがお好き』(1959)、『アパートの鍵貸します』(1960)、『あなただけ今晩は』(1963)……。 私が小学校や中学校に通っていたころ、ジャック・レモンが主演したビリー・ワイルダーの映画は圧…

船橋洋一の新世界地政学 チャイナ・リテラシー

今、世界では何が起きているのか? ジャーナリストの船橋洋一さんが最新の国際情勢を読み解きます。 新型コロナウイルス後の世界で起こるバランス・オブ・パワーの変化の一つがベトナムの台頭であるかもしれない。 ベトナムはコロナ対応において世界でもっとも成功した国の一つである。4月16日以降…

スヰートポーヅ、ありがとう|久住昌之

文・久住昌之(漫画家・音楽家) ボクが初めて「スヰートポーヅ」の餃子定食を食べたのは、1977年、19歳の時だ。神保町の美学校で、赤瀬川原平さんの教室に通っていた。昼間の実技と夜の講義の間に、1時間休憩があり、その間、受講生は好きに夕食を食べに出る。 高校を卒業して初めて、知らない街で…

帰るとこがない|伊藤比呂美

文・伊藤比呂美(詩人) 早稲田大学で300人規模の大教室を2つ、40〜50人の演習を2つ教えている。3年契約なので2年やってヤレヤレあと1年と思っていたら、今期中はオンラインになった。それであたふたしているが、結論から言おう。ものすごくおもしろいのである。 私はZoomのリアルタイムでやっている…

もうこのへんで|円城塔

文・円城塔(作家) 家にFAXというものがない。十何年前、物書きになろうと決めたとき、家にFAXだけは入れないと誓った。 物書きは、文字のやりとりをして暮らしている。当惑されることもたまにあったが、「なんでもいいので画像データで送って下さい」と言い続けて今に至る。さすがにこの頃、FAXは…

うちで作ろう|海野つなみ

文・海野つなみ(漫画家) 4月の半ば、新型コロナで在宅勤務になった独身の男友達に「生活どう?」と尋ねたところ、「毎日ゆっくり寝られて体調バッチリ」との返事。通勤や無駄な会議のストレスがなくなり、自炊や掃除をするようになったそうだ。 ネットでも「在宅勤務ができないので通勤しているが…

わさおよ|工藤健

文・工藤健(わさおプロジェクト代表) 日本海を望む小さな丘にひとり立つ。足元に小さく咲いたハマナスが悲しく思えるのは、先頃、死というものに接したせいだろう。 ここは町境の海辺に建つ、焼きイカを売る店の裏手。すぐそばには、大きな三角屋根の犬小屋がある。そこの主は牡の犬で、私にとって…