文藝春秋digital

ほどよく離れて|小島慶子

ほどよく離れて|小島慶子

著名人が母親との思い出を回顧します。今回の語り手は、小島慶子さん(エッセイスト・タレント)です。 ほどよく離れてお互いに良くしてあげたいと思っていても、近くにいるとしんどいので、適度に離れている方が良い関係というのがあります。母と私はそれです。占い好きな母に言わせればそれは私が一白水星で母が九紫火星の「正反対の星」だからで、占いに不誠実な私に言わせればそれは母の思い込みが激しくて、他者を持たないからです。 母は11歳の内気で無邪気な少女のまま大人になったような人で、想像と

スキ
3