文藝春秋digital

もうこのへんで|円城塔

もうこのへんで|円城塔

文・円城塔(作家) 家にFAXというものがない。十何年前、物書きになろうと決めたとき、家にFAXだけは入れないと誓った。 物書きは、文字のやりとりをして暮らしている。当惑されることもたまにあったが、「なんでもいいので画像データで送って下さい」と言い続けて今に至る。さすがにこの頃、FAXはないんですか、と驚かれることはなくなった。 もっとも、取材の電話がかかってくることはいまだにあるし、原稿の依頼状が封書で届くこともないではない。全部電子メールにして欲しい。電話ははなから

14