マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#対談

遠野遥×カツセマサヒコ|ぼくらは小説をこう書いてきた。

新人賞デビューから2作目の『破局』で第163回芥川賞を受賞した遠野遥さんと、今年6月に刊行したデビュー作『明け方の若者たち』が大ヒット中のカツセマサヒコさん。令和の文壇に彗星のごとく現れた2人の若き小説家は、どのように物語を書いてきたのか。互いの創作の秘密を語り合った。 作家デビューのきっかけ遠野 新人賞をとって出版するのではなく、出版社からオファーがかかるって稀だと思うんですが、TwitterなどSNSを出版社の方が見て、小説のオファーが来たんですか? カツセ そうです

スキ
133

【特別対談】有働由美子×川越宗一|直木賞『熱源』は“調べ癖”から誕生した

news zeroメインキャスターの有働さんが“時代を作った人たち”の本音に迫る対談企画「有働由美子のマイフェアパーソン」。今回のゲストは作家の川越宗一さんです。 吉野家に行きづらい有働 このたびは直木賞受賞、おめでとうございます。 川越 ありがとうございます。 有働 早速ですが、直木賞をとって生活に変化はありましたか? 川越 僕は妻と2人暮らしなんですけど、自宅にお祝いの花がたくさん届いて、植物園みたいになっています(笑)。 有働 胡蝶蘭とか、お祝いの花って大きい

スキ
31

「雅子さまのファッションが変わった」同年代女性記者が見た“新皇后の26年”

「こんなに明るくて華やかなデザインの服を着られるようになったんだな」「ホワイトのスーツは、新調されたんじゃないかしら」。同年代の女性記者2人が雅子さまのファッションを徹底分析!/佐藤あさ子(皇室担当記者)×矢部万紀子(コラムニスト) 雨が止んで空に虹がかかって矢部 「即位礼正殿の儀」の日は、朝から半蔵門だったのですか? 佐藤 6時半過ぎから半蔵門で待っていたら、ダウンを羽織っても肌寒くて。深紅の皇后旗がはためく黒のセンチュリーロイヤル(トヨタ製の皇室専用車)が通ったのは7

スキ
22

有働由美子×三谷幸喜「有働さんの演技は正直、ひどかった」

news zeroメインキャスターの有働さんが“時代を作った人たち”の本音に迫る対談企画「有働由美子のマイフェアパーソン」。今回のゲストは映画監督・脚本家の三谷幸喜さんです。

スキ
3

NHKスペシャル 昭和天皇「拝謁記」は超一級資料なのか?

今年8月にNHKが「新事実」と銘打って報じた初代宮内庁長官と昭和天皇との対話を記した「拝謁記」。しかし、その報道には疑問が……。すでに語られた内容ではなかったか。本当に新たな事実は明らかになったのか?/保阪正康(ノンフィクション作家)×原武史(放送大学教授)

スキ
1

有働由美子×美輪明宏「江戸川乱歩先生は私の腕を包丁で」

news zeroメインキャスターの有働さんが“時代を作った人たち”の本音に迫る対談企画「有働由美子のマイフェアパーソン」。今回のゲストは歌手・俳優の美輪明宏さんです(撮影/御堂義乘)。

スキ
3