マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#山崎豊子

『文藝春秋digital』2022年6月ラインナップ

■会員限定イベント●6月8日(水) ・新庄剛志「薬物使用」の過去 抜き打ち検査で「陽性」も、詳細は伏せられ、その年に引退―― 鷲田康(ジャーナリスト)+本誌取材班 ●6月10日(金) ・プーチンが最も殺したい男の告白 M・ホドルコフスキー(オリガルヒ・石油会社「ユコス」元代表)「ウクライナ侵攻は彼の個人的な動機から始まった」 ・「性暴力」私は負けなかった 卜田素代香(仮名)「暴行後『証拠が残るからシャワーを』と男が強いてきました」 ・新連載 外事警察秘録②「日本赤軍との闘い

スキ
4

山崎豊子と文藝春秋 『大地の子』編集者の前で日本舞踊 「取材には二つあるの」。自称「作家馬鹿」の武器 平尾隆弘(文藝春秋元社長) 創刊100周年記念企画

文・平尾隆弘(文藝春秋元社長) 沖縄と戦争孤児2022年は、沖縄返還(5月)、日中国交回復(9月)から50年になる。 山崎豊子が「文藝春秋」に連載した小説『大地の子』『運命の人』は、いみじくもこの2つのイッシューを背景にしている。「戦後の終り」のごとく喧伝された沖縄返還と日中国交回復に、鋭い疑問符をつきつけたのが、この2作品であった。以下、担当編集者として、連載当時の見聞を書かせていただく。取材等で私よりはるかに苦労した編集者(中井勝、高田直、小田慶郎の諸氏)がいるのだが

スキ
10

佐藤優「白い巨塔」ベストセラーで読む日本の近現代史103

医学部のモラルハザードを扱った古典 日本の医学界の封建的構造、大学病院勤務医と開業医の対立、人事を巡る医学部のモラルハザードなどを扱った社会派小説の古典だ。もっとも医学界だけでなく、中央省府、難関大学には現在も『白い巨塔』で描かれたような人事抗争が起き、封建的構造が残っている。 黒川五郎は岡山県の貧農の出身で、父親が早く他界したこともあり、母親によってたいせつに育てられた。五郎は苦学して浪速大学医学部を卒業した。学業を続けるには経済的裏付けが必要だ。母親は五郎に大阪の遣り手

スキ
14

【最終回】マンガ『大地の子』第43話 三峡下り|原作・山崎豊子

第43話 三峡下り★前回の話を読む。 ★最初から読む。 原作:山崎豊子 大正13(1924) 年、大阪市に生れる。京都女子大学国文科卒業、毎日新聞大阪本社に入社。昭和 32 年、生家の昆布商を題材にした処女長篇「暖簾」を書下し刊行。翌 33 年、「花のれん」で第 39 回直木賞受賞。同年退社、執筆に専念。主な著書に『白い巨塔』『不毛地帯』『二つの祖国』『大地の子』『沈まぬ太陽』など。平成 3 年に第 39 回菊池寛賞、 21 年に『運命の人』で第 63 回毎日出版文化賞特別

スキ
18

中国共産党と文藝春秋の百年 河本大作、司馬遼太郎、山崎豊子… 城山英巳

荒ぶる大国の本質を透視し続けた100年間——。歴史の証言者たちの視点は今も色褪せない。/文・城山英巳(北海道大学大学院教授) ※表記の一部を現代風に改めています。〔 〕内は筆者による註釈 日中関係の真の姿日本の近現代史は「中国」とどう向き合うかを問われた歴史だったと言っても過言ではない。中国が弱かった100年前も、強国として横暴に振る舞う今も本質は変わらない北京冬季オリンピック・パラリンピックをめぐり、日本政府は、新疆ウイグル自治区や香港での人権問題を理由に「外交ボイコッ

スキ
8

マンガ『大地の子』第42話 火入れ|原作・山崎豊子

第42話 火入れ★前回の話を読む。 ★次回の話を読む。 ★最初から読む。 原作:山崎豊子 大正13(1924) 年、大阪市に生れる。京都女子大学国文科卒業、毎日新聞大阪本社に入社。昭和 32 年、生家の昆布商を題材にした処女長篇「暖簾」を書下し刊行。翌 33 年、「花のれん」で第 39 回直木賞受賞。同年退社、執筆に専念。主な著書に『白い巨塔』『不毛地帯』『二つの祖国』『大地の子』『沈まぬ太陽』など。平成 3 年に第 39 回菊池寛賞、 21 年に『運命の人』で第 63 回

スキ
13

マンガ『大地の子』第41話 刺す|原作・山崎豊子

第41話 刺す★前回の話を読む。 ★次回の話を読む。 ★最初から読む。

スキ
7

マンガ『大地の子』第40話 無情|原作・山崎豊子

第40話 無情★前回の話を読む。 ★次回の話を読む。 ★最初から読む。

スキ
7

マンガ『大地の子』第39話 家|原作・山崎豊子

第39話 家★前回の話を読む。 ★次回の話を読む。 ★最初から読む。

スキ
13

山崎豊子 中国共産党に直談判 野上孝子 100周年記念企画「100年の100人」

『大地の子』で中国残留孤児の波乱万丈の人生を描いた山崎豊子(1924~2013)。秘書を52年間務めた野上孝子氏が、山崎の素顔と作品の誕生秘話を明かす。/文・野上孝子(元秘書) 山崎豊子先生が亡くなられて、まもなく10年。現在、『大地の子』コミック版が配信されている。日中の家族の悲哀と国家上層部の権力争いが縦横自在に活写され実に面白い。 この原作でやはり思い出されるのが中国取材である。 先生は私の知る限り、滅多に手紙を書く人ではなかった。そんな先生でも1984年に中国社

スキ
4

マンガ『大地の子』第38話 不信|原作・山崎豊子

第38話 不信★前回の話を読む。 ★次回の話を読む。 ★最初から読む。

スキ
10

マンガ『大地の子』第37話 二人の父|原作・山崎豊子

第37話 二人の父 ★前回の話を読む。 ★次回の話を読む。 ★最初から読む。

スキ
11

マンガ『大地の子』第36話 眼には眼を|原作・山崎豊子

第36話 眼には眼を★前回の話を読む。 ★次回の話を読む。 ★最初から読む。

スキ
13

マンガ『大地の子』第35話 運命|原作・山崎豊子

第35話 運命★前回の話を読む。 ★次回の話を読む。 ★最初から読む。

スキ
13