文藝春秋digital

マンガ『大地の子』第25話 旅路|原作・山崎豊子

マンガ『大地の子』第25話 旅路|原作・山崎豊子

第25話 旅路 ★前回の話を読む。 ★次の話を読む。 ★最初から読む。 原作:山崎豊子 大正13(1924) 年、大阪市に生れる。京都女子大学国文科卒業、毎日新聞大阪本社に入社。昭和 32 年、生家の昆布商を題材にした処女長篇「暖簾」を書下し刊行。翌 33 年、「花のれん」で第 39 回直木賞受賞。同年退社、執筆に専念。主な著書に『白い巨塔』『不毛地帯』『二つの祖国』『大地の子』『沈まぬ太陽』など。平成 3 年に第 39 回菊池寛賞、 21 年に『運命の人』で第 63 回毎

14
マンガ『大地の子』第21話 国務院回線|原作・山崎豊子

マンガ『大地の子』第21話 国務院回線|原作・山崎豊子

第21話 国務院回線 ★前回の話を読む。 ★次の話を読む。 ★最初から読む。 原作:山崎豊子 大正13(1924) 年、大阪市に生れる。京都女子大学国文科卒業、毎日新聞大阪本社に入社。昭和 32 年、生家の昆布商を題材にした処女長篇「暖簾」を書下し刊行。翌 33 年、「花のれん」で第 39 回直木賞受賞。同年退社、執筆に専念。主な著書に『白い巨塔』『不毛地帯』『二つの祖国』『大地の子』『沈まぬ太陽』など。平成 3 年に第 39 回菊池寛賞、 21 年に『運命の人』で第 6

15
マンガ『大地の子』第20話 消息|原作・山崎豊子

マンガ『大地の子』第20話 消息|原作・山崎豊子

第20話 消息 「これから私はまた中国に戻ります。もしも何かできることがあればすぐご連絡ください」。勝男(陸一心)とあつ子の消息をたどろうとする実父・松本耕次だったが……。

13
マンガ『大地の子』第22話 鉄の長城|原作・山崎豊子

マンガ『大地の子』第22話 鉄の長城|原作・山崎豊子

第22話 鉄の長城 わずか2週間前に決まった、陸一心の日本出張。「労働改造所にいたときには、日本へ行く日が来るなんて考えもしなかった。あの囚人生活から救ってくれたのは、月梅と父さんだ」と振り返る。出発前、父からの手紙を目にした一心は……。 ★前回の話を読む。 ★次の話を読む。 ★最初から読む。 原作:山崎豊子 大正13(1924) 年、大阪市に生れる。京都女子大学国文科卒業、毎日新聞大阪本社に入社。昭和 32 年、生家の昆布商を題材にした処女長篇「暖簾」を書下し刊行。翌

12
マンガ『大地の子』第19話 暁|原作・山崎豊子

マンガ『大地の子』第19話 暁|原作・山崎豊子

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

5
マンガ『大地の子』第18話 上海|原作・山崎豊子

マンガ『大地の子』第18話 上海|原作・山崎豊子

第18話 上海 陸一心は、列車の中で思いもよらぬ人物と再会する。趙丹青、一心が日本人戦争孤児であることをよく知る女性だった。 ★前回の話を読む。 ★次の話を読む。 ★最初から読む。 原作:山崎豊子 大正13(1924) 年、大阪市に生れる。京都女子大学国文科卒業、毎日新聞大阪本社に入社。昭和 32 年、生家の昆布商を題材にした処女長篇「暖簾」を書下し刊行。翌 33 年、「花のれん」で第 39 回直木賞受賞。同年退社、執筆に専念。主な著書に『白い巨塔』『不毛地帯』『二つの

8
マンガ『大地の子』第17話 茨の日々|原作・山崎豊子

マンガ『大地の子』第17話 茨の日々|原作・山崎豊子

第17話 茨の日々 「こうして私は、老いた父と出産直後の妻、生まれたばかりの長男を連れて満州へと旅立った」。かつて長野農村から出発した、信濃郷開拓団の最期を語る男性の言葉には、切なる想いが込められていたーー。 ★前回の話を読む。 ★次の話を読む。 ★最初から読む。 原作:山崎豊子 大正13(1924) 年、大阪市に生れる。京都女子大学国文科卒業、毎日新聞大阪本社に入社。昭和 32 年、生家の昆布商を題材にした処女長篇「暖簾」を書下し刊行。翌 33 年、「花のれん」で第

9
マンガ『大地の子』第16話 長城|原作・山崎豊子

マンガ『大地の子』第16話 長城|原作・山崎豊子

第16話 長城 「あの日妹と生き別れてから30年間――ずっと大切にしてきました。ずっと妹の分身として」。陸一心は妻にだけ、妹への思いをそっと打ち明けたことがあった。妹を探し出すには、一心が日本人だと名乗りださなければならず、それは優しい養父母を裏切ることになる。そんな折、陸徳志の自宅へ吉林省の公安庁から一通の手紙が届いた――。 ★前回の話を読む。 ★次の話を読む。 ★最初から読む。 原作:山崎豊子 大正13(1924) 年、大阪市に生れる。京都女子大学国文科卒業、毎日新

10
マンガ『大地の子』第15話 中南海|原作・山崎豊子

マンガ『大地の子』第15話 中南海|原作・山崎豊子

第15話 中南海 北京・中南海――。夏国鋒酒席の鶴の一声で、総工費48億人民元をかけた新鋭製鉄所の建設が決まった。一心は「臨海大型製鉄所建設計画」の関係者の一人として、駆逐艦に乗り込み黄海を北上。建設候補地を探す3週間の出張に出かけていた。 ★前回の話を読む。 ★次の話を読む。 ★最初から読む。 原作:山崎豊子 大正13(1924) 年、大阪市に生れる。京都女子大学国文科卒業、毎日新聞大阪本社に入社。昭和 32 年、生家の昆布商を題材にした処女長篇「暖簾」を書下し刊行。

14
マンガ『大地の子』第14話 前夜|原作・山崎豊子

マンガ『大地の子』第14話 前夜|原作・山崎豊子

第14話 前夜 中国・重工業大臣が内閣に働きかけて送り込んだ考察団「中国金属学会」が、日本の東洋製鉄に1カ月の研修旅行へ。日本と中国、それぞれの思惑が透けて見える視察が始まった。北京の重工業部で働く一心は、忙しいながらも妻・月梅と結婚し長女の燕々をもうけ、幸せな日々を送っていた——。 ★前回の話を読む。 ★次の話を読む。 ★最初から読む。 原作:山崎豊子 大正13(1924) 年、大阪市に生れる。京都女子大学国文科卒業、毎日新聞大阪本社に入社。昭和 32 年、生家の昆布

12