文藝春秋digital

遂に現金化へ…「徴用工に日本が補償する道理はない」韓国人学者の直言

遂に現金化へ…「徴用工に日本が補償する道理はない」韓国人学者の直言

韓国の徴用工裁判に動きがあった。原告側が差し押さえた日本製鉄の資産が現金化されようとしているのだ。これに異を唱える韓国人学者がいる。成均館大学の李大根名誉教授である。李教授は著書『帰属財産研究』の中で、「日本は朝鮮半島に10兆円を超す資産を残していった」との研究結果を記している。徴用工問題に一石を投じる内容となりそうだ。/聞き手・黒田勝弘(産経新聞ソウル駐在客員論説委員) 協定内容を歪曲している 黒田 75回目の終戦記念日が8月15日にやってきます。李先生の故郷は南部の慶

スキ
27