文藝春秋digital

池の眺めと善悪|町田康

文・町田康(作家) 私方の庭の東側には池が掘ってあって、池には錦鯉が放してある。餌をほおってやると競ってこれを食らう。けれども水の中のことで動きがゆっくりしていて、あまり競っているように見えない。 そんなことで鯉は私方の池で平和に暮らしていたのだけれども、先日、この池に変が起きた…