文藝春秋digital

「文藝春秋」表紙の言葉――松村公嗣【全文公開】

「文藝春秋」表紙の言葉――松村公嗣【全文公開】

「雪の大仏殿」  私にとって東大寺は幼少期から何度も訪れていた、とても身近な場所です。お堂の中にはいつも「だいぶっさん」が休んでおられます。当時、この巨大な構造物に鍍金するためには大量の金と水銀が必要とされました。大陸から伝わる技術を最大に活かした輝きは今でも保たれています。  新春、視界をまだらに遮るほどの雪が降りました。近くて遠い場所であることをより色濃くさせました。 【編集部よりお知らせ】 文藝春秋は、皆さんの投稿を募集しています。「#みんなの文藝春秋」で、文藝春

11