文藝春秋digital

2
記事

石坂浩二、浅丘ルリ子、加賀まりこ、笹野高史の「理想の死」を倉本聰が語る。

2017年から放送が始まったドラマ『やすらぎの郷』が、大きな話題を集めた。脚本は、倉本聰さん。劇中で描かれる“老後のリアル”は、多くの人の胸に刺さ...

父を弔った五日間――池内恵

文・池内恵(イスラム研究者)  父・池内紀が亡くなったと知らされたのは、8月30日の早朝のことだった。この日がやがて来ることは覚悟していた。少し...