文藝春秋digital

詩|柳本々々

距離「おはよう、ぼくだよ」と真夜中電話をかけたら、そうね、 わかってる、どこかにつれていってもあなたはすぐ消える、 ともかくわたしの手をつないでいなければだめだよ、 手さえ繋いでいたらいいから、と電話でいった。けれど、 次の日になるともう会えないことも多かった。 好きな窓辺をいつもさがして見つけては指さした。 わたしもその窓辺を見て、いいかも、といったりした。 いいかも、というと、そうね、とだけいった。       (そうね) それから何年かたってどちらからも電話を掛けなくな

スキ
4