マガジンのカバー画像

文藝春秋digital

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスで… もっと読む
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュ… もっと詳しく
¥900 / 月
運営しているクリエイター

#悠仁さま

皇室の危機を考える「天皇を鍛えた男たち」 米田雄介

川村純義、乃木希典、小泉信三……個性豊かな教育者がいた。/文・米田雄介(元宮内庁書陵部編修課長) 即位する前にいかなる教育を受けるべきか秋篠宮家のご長男・悠仁さまが、昨年9月で15歳になりました。今年の高校進学を前に、学習院へ行かれるのか、あるいは筑波大学附属高校など別の高校へ進まれるのかが、世間の関心を集めています。 しかし、悠仁さまへの教育において、本来なら最も大事な視点が他にあるのではないかと感じます。 それは「帝王教育」です。 帝王教育とは、いずれ天皇になるた

スキ
14

秋篠宮家「秘録」この3年間に何が起きていたか 本誌特別取材班

▶眞子さんの“小室一筋”に秋篠宮は「柔軟性がない」 ▶「女性宮家創設」の恐怖から姉妹で「皇室脱出計画」 ▶佳子さまは「一時金1億円」に目を輝かせた ▶「父そっくり」悠仁さまは紀子さまを言い負かす ▶「私はもう駄目かもしれない」紀子さまの涙 窮屈な環境に苛まれていた 「早くここから抜け出して、外の世界に行きたい」 ある皇室関係者によれば、秋篠宮家の眞子さま、佳子さま姉妹は今から10年ほど前から、そんな想いを強く抱いていたという。 どこに行くにも四六時中お付きの職員が付いて

スキ
72